研修転移

解説動画

新春特別無料ウェビナー「30分でスッキリ!わかる」シリーズ講座を開講しました。

ラーンウェル代表の関根です。 24年1月29日(月)15時~17時30分、新春特別無料ウェビナー「30分でスッキリ!わかる」シリーズ講座を開講しました。

投稿者:関根雅泰

コメント (0)

参考文献

【木曜日24-4】Real World Evaluation

○タイトルに惹かれて購入。実践知がつまった本。(1冊)

投稿者:関根雅泰

コメント (0)

研修転移

「研修の転移と評価 実践会」レポート_2401

ラーンウェル代表の関根です。  2023年9月から「研修の転移と評価を、実践してみよう!」というコミュニティーを、有志の方々と立ち上げました。忙しいと、つい「重要だが、緊急でない」研修評価という業務は先延ばしになりがちなので、コミュニティーの力を借りて、半ば強制的に実践する機会を作るためです。

投稿者:関根雅泰

コメント (0)

ライブ配信

新春特別 無料ウェビナー「30分でスッキリ!わかる」シリーズ講座のご案内

ラーンウェル代表の関根です。 2024年1月29日(月)午後に、新春特別 無料ウェビナー「30分でスッキリ!わかる」シリーズ講座を開催します。

投稿者:関根雅泰

コメント (0)

研修評価

【木曜日23-52】佐々木先生の『インパクト評価』

○佐々木先生の新刊!と以前出されていた本(研究書2冊)  (毎週木曜日に、読んだ本や論文の抜き書きをブログにアップする活動。目標の52週を達成!)

投稿者:関根雅泰

コメント (0)

研修評価

IDCJ主催「39th Professional Statistical Workshop」3日目に参加しました。

ラーンウェル代表の関根です。 2023年12月19日、21日、22日の3日間、Zoomで、IDCJ主催「39th Professional Statistical Workshop」に参加しました。 講師は、Western Michigan Universityの佐々木亮先生。3日目は「Impact evaluationをするためのエクセルでの統計分析」ワークショップ(Multiple regression analysis)です。 私の理解の範囲で、学びになった点を記録に残し、共有します。(佐々木先生に許可を得て掲載)

投稿者:関根雅泰

コメント (0)

研修評価

IDCJ主催「39th Professional Statistical Workshop」2日目に参加しました。

ラーンウェル代表の関根です。 2023年12月19日、21日、22日の3日間、Zoomで、IDCJ主催「39th Professional Statistical Workshop」に参加しました。 講師は、Western Michigan Universityの佐々木亮先生。2日目は「Impact evaluationをするためのエクセルでの統計分析」ワークショップ(t-test)です。 私の理解の範囲で、学びになった点を記録に残し、共有します。(佐々木先生に許可を得て掲載)

投稿者:関根雅泰

コメント (0)

研修評価

IDCJ主催「39th Professional Statistical Workshop」1日目に参加しました。

ラーンウェル代表の関根です。 2023年12月19日、21日、22日の3日間、Zoomで、IDCJ主催「39th Professional Statistical Workshop」に参加しました。 講師は、Western Michigan Universityの佐々木亮先生。1日目の午前中は「Impact evaluation」に関するレクチャー、午後は「Impact evaluationをするためのエクセルでの統計分析」ワークショップです。 私の理解の範囲で、学びになった点を記録に残し、共有します。(佐々木先生に許可を得て掲載)

投稿者:関根雅泰

コメント (0)

研修転移

「研修の転移と評価」実践会 第2回会合(結果報告)を行いました。

ラーンウェルの関根です。 2023年12月5日(火)13時30分~15時、「研修の転移と評価」実践会 第2回会合を行いました。(パートナー講師の汐中義樹さんにご協力頂きました。ありがとうございます。) どんな様子だったか、差しさわりのない範囲で共有します。

投稿者:関根雅泰

コメント (0)

研修転移

『研修評価の教科書』読者の声_231122

ラーンウェル代表の関根です。 中原先生、島村さん、林さんとの共著『研修評価の教科書』(ダイヤモンド社 広瀬さん、小川さん編集)を読まれた読者の方から、下記メールを頂きました。嬉しかったので、許可を頂いた上で、転載します。

投稿者:関根雅泰

コメント (0)

ページトップに戻る