せきねまさひろぐ

教育担当者向け 【成果につながる営業教育】

最終号「何をもって成果とするのか?」

「何をもって成果とするのか?」 皆さん、こんにちは。関根です。 さて、「成果につながる営業教育」もいよいよ今号で最後となります。最終号のテーマは「何をもって成果とするのか?」です。 私たちはこの半年間「成果につながる営業教育」とは何で、具体的に何をすれば良いのかを見てきました。ただ、ここで一つの疑問が出てきます。「成果につながる営業教育」とは何をもって成果とするのか?営業教育をして結局何が得られるのか? これがはっきりしないために、研修教育という分野では「効果測定」という言葉が良く出てきます。「この研修をやった効果は?どうやって成果を測るのか?」私たちがこの半年間見てきましたように、単発の研修で成果を出すことは難しいです。よって研修効果を測ることも難しいですし、測れたとしても少しの成果しか示せないでしょう。 「成果につながる営業教育」では、その会社の営業戦略実現の手段としての研修という位置づけにする。「質」(営業スキル)だけでなく、「量」(マーケティング・訪問回数)も見ていく。研修の定着化を図るために、営業マネージャーと担当者が同じ研修内容を理解する共通言語化が必要。営業マネージャーによる指導も「質」と「量」を管理し、部下指導を研修内容に基づき行う。 ここまでやらないと、営業教育は成果につながりません。では、ここまでやった結果、どんな成果が期待できるのか?最終的に営業、マネージャー、会社として何ができるようになるのか?「成果につながる営業教育」によって、皆さんが「何を得ることが出来るのか」を見ていきます。 得られることは大きく3つあります。 1.営業担当者の売上数字があがる。 「量」と「質」の管理により、「面談すべき顧客」と「質の高い面談」をする。「質の高い面談」件数が増えれば、商談につながる件数も増える。商談において的確な提案をすれば、受注する件数も増える。 これら「商談率」「受注率」が高まれば、売上数字もあがります。今までは「行きやすい所」に訪問していた営業。話が出ればラッキー。出なくても行きやすいので訪問する。そんなレベルであったとしても「量」と「質」の管理により、受注の可能性が高い所に訪問し、質の高い面談をすれば、受注の確立が高まり、売上があがります。 「本当かな。こんなに上手くいくかなー。」という方もいるかもしれません。ただ、私は断言します。「量」と「質」の管理をすれば、売上数字はあがります。 私の経験の範囲で恐縮ですが、一社目の教材販売では、組織的にこれに取り組んで成果を出していました。(ただ、営業は仕組みの中の駒でしかなかったので、私には耐えられなかったのですが。)前職の研修会社でも、研修という「目に見えない商品」を社内で2番目に売っていたのですが、それも「量」と「質」の管理のおかげです。また、講師として様々な業界を見ても「量」と「質」の管理が出来ている営業担当者は、数字があがっています。 2.営業マネージャーによる指導の平準化が出来る。 「量」と「質」の管理の良いところは、営業マネジメントにおいて「何を、どのように見れば良いか?」が明確になるという所です。「量の管理」においては、「訪問計画と結果」を見れば良い。「質の管理」では、「プロセス」で面談の質を見る。といった具合に、営業マネージャーが部下指導をする際に、どこを見れば良いのかが明らかになります。 その結果、今までは自分の経験に照らし合わせてしか指導できなかったマネージャー、あるいはこの変化の時代に何をすれば良いのか、道が見えなかったマネージャー。そんなマネージャーに「成果を出すためには、これをすれば良いんだよ」と明確に示すことが出来ます。マネージャー自身が試行錯誤を繰り返しながら、成果を出そうとする。そこにかかっていた時間と労力を減らすことができます。 また、配属先のマネージャーによって、本来伸びるハズであった若手などがつぶされてしまう。将来の有望な人材の可能性をつみ取ってしまい、会社に見えない損害を与える。そのような今まで見えなかったコスト削減にもつながります。 3.会社として情報共有が出来る。 「成果につながる営業教育」の会社にとってのメリットは、今まで「KKD」(カン、経験、度胸)や「暗黒大陸」(何をやっているのかよく分からない)と言われてきた営業活動を「目に見える」ようにするということです。 今まで、どこをどういう基準で訪問しているのかもよく分からない。外で何をやっているのかも見えない。とりあえず客先を訪問していたら営業として仕事をしているように見えた営業。そんな営業に「何が成果に結びつく活動なのか」を明確に示す。成果に結びつく活動以外は、無駄であるという観点からコスト管理も出来るようになります。 第五号「営業スキル研修を選ぶ際のポイント」で確認しましたが、「成果につながる営業教育」では、集合研修で営業の経験を整理し、情報を共有します。これはいわば営業担当者個人の中に埋もれているノウハウを形あるものとし、会社の財産として共有を図ることだと言えます。 つまり「成果につながる営業教育」とは、「研修」というよりも「ナレッジマネジメント」の取り組みであるということです。 以上、「成果につながる営業教育」の成果とは、担当者の売上があがる、マネージャーによる指導の平準化が出来る、そして会社としてナレッジマネジメントが実現する、ということです。 ところで、皆さんの会社では、研修によって何が得られるのかを明確にしていますか? 研修をナレッジマネジメントの取り組みとして見ていますか? 成果につながる営業教育、一緒に取り組んでいきませんか?

投稿者:関根雅泰

コメント (0)

教育担当者向け 【成果につながる営業教育】

最後まで読んで頂きありがとうございました!

最後まで、読んでいただきありがとうございました。 この記事が、皆さんの研修企画や営業活動というお仕事に少しでも役に立てば幸いです。 営業や教育は、とてもやりがいのある仕事です。 お互い、がんばっていきましょう! 何か分からない点、聞きたい点等ございましたら、遠慮なくご質問ください。 http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P59765718 このたびは本当にありがとうございました。 このご縁を大切に、今後ともよろしくお願いします! 株式会社ラーンウェル 代表取締役   参加型セミナーコンサルタント 関根雅泰

投稿者:関根雅泰

コメント (0)

書籍「営業で役立つコミュニケーションのポイント」

脱稿しました!

【2006年10月16日】 ●3冊目の本「営業で役立つコミュニケーションのポイント」脱稿しました! 12月出版予定の本です。 1冊目「教え上手になる!」を出してくださった明日香出版さんからの本です。 (発行は、クロスメディアパブリッシングさんです。   http://www.cm-publishing.co.jp/ ) 昨日ようやく書き上げました。 今回もなかなか大変だったです。 ・四国や九州への出張 ・講演や研修の実施 ・お客様との打ち合わせ ・長女の「来ちゃった〓」攻撃 ・次女の風邪 ・妻のストレス小噴火(笑)など 色々ありました。 やっぱり仕事が忙しくなると、家族に迷惑をかけてしまいますね。 独立するときに読んだ 「成功者の告白」神田昌典著  「成功して不幸になる人々」ジョン・オニール著 この2冊の本のおかげで、 仕事ばかりをおいかけないように意識はしているのですが・・・。 原稿執筆中に、長女に駄々をこねられたり、 次女に泣かれたり、妻にイライラされたりすると、 「何だよ!こんなときに!仕事させてくれよ!」 と思ってしまうときが多々あります。 ただ、そういうときは、 なんとか一旦立ち止まるようにしています。 「そもそも何のために独立したのか?」 「家族と過ごす時間を増やすためだろう。」 「だったら、本末転倒じゃないの。」 そうは言っても、なかなか難しいものですね。 でも、おかげさまで、昨日なんとか脱稿しました! 「営業」に関する本 ということで、 自分の好きな分野でもありましたから、 かなり気合をいれて書きました。 書き終わって、読んでみて 「いい本じゃないの〓」 と、一人で悦にいっていました。 昨日は、奮発して発泡酒をやめ 「プレミアムモルツ」を飲みました。 美味しかったです。 12月の発売が楽しみです。 また詳細は皆さんにお伝えしますね。

投稿者:関根雅泰

コメント (0)

新入社員向け営業研修

某金融機関での「新入社員 営業教育」

●某金融機関での事例 5月に、ある金融機関で 7日間の「新入社員 営業教育」を担当させて頂きました。 営業研修の中に随所に「学び方」の要素 (学びマインド、学びスキル:PDCA、学びエナジー)を 取り入れた内容です。 新入社員贈4名に対する この研修の「目的」と「目標」は、下記のとおりでした。 【目的】  お客様に「会うまで」と「会ってから」の営業スキルを習得する。 【目標】 ・新規開拓の具体的なやり方が分かる。 ・現場に出て即実践できる方法が学べる。 ・お客様に会っても恥ずかしくない状態を作れる。 ・新入社員の営業活動に対する不安が減る。 ・現場ですぐ活動できる心と頭と体の準備ができる。 これらを実現するために、研修そのものは、大きく5部構成にしました。 1.営業活動の全体像   (ゲスト講師の講演・先輩社員との質疑応答) 2.「会うまで」と「会ってから(初回)」の活動   (営業理論の理解+ロールプレイによる練習) 3.「飛び込み訪問」の実践   (エリア・ツール・シナリオ 準備+実行+評価) 4.「会ってから(継続)」の活動   (ヒアリング技術の理解+ロールプレイによる練習) 5.「会った後」の活動 新入社員は、営業に出た経験がないので、 まず営業という仕事そのものをイメージできません。 そこで、最初に「営業活動の全体像」を示しました。 特に、先輩社員たちとのディスカッションでは、 具体的な1日の過ごし方、訪問先の見つけ方など、 突っ込んだ質問もできて、彼らにとっても有意義だったようです。 ●飛び込み訪問の実践 7日間の研修のメインは、「飛び込み訪問の実践」です。 ただ、いきなり 「とりあえず、飛び込んで来い!」といわれても 彼らも困りますので、 「飛び込み訪問」に役立つ「営業理論・営業技術」を教えました。 そして、ロープレを何度もくり返した後、 2日間の飛び込み訪問に行かせました。 正直 (できるかなー・・・) と不安でした。 ところが! ふたを開けてみれば、 ・名刺獲得 のみならず ・贈件 お褒めの電話  (新入社員の接し方のよさに感激したお客様からの電話) ・贈件 受注  まで生まれました。 新入社員の「素直さ」「前向きさ」「一生懸命さ」が お客様に評価されたのでしょう。 「飛び込み訪問の実践」の目的は、3点でした。 贈) お客様に「会う」 2) 「準備」の仕方を学造 3) 「ふり返り」の仕方を学造  研修室でお客様に会うことはできません。 しかし、彼らが現場で接するのは、お客様です。 そのお客様に「会う」というのが、この実践の最大の目的でした。 また、現場で同じことが実践できるよう、 ・どうやって準備したらよいのか ・どうやって振り返りをしたらよいのか つまり、営業のPDCAの回し方を教え、実体験させました。 これがないと、「そういえば、研修で飛び込み訪問したなー。」だけで、 終ってしまうからです。 ●研修の重点ポイント 7日間の研修で、新入社員に理解してもらいたかったのは、次の3点でした。 ・自分で考える ・人の話を聞く ・ウダウダ言わずにやる 現場では、自分で考え行動しなくてはいけません。 そのために、研修でも、個人で考え、他のメンバーと 話し合う時間に重点をおきました。 また、同期、先輩社員、講師をふくめて、 他人の話を聞く重要性と、そのやり方を伝えました。 というのは、彼らは現場で、先輩や上司から「聞いて」学造必要あるからです。 話を聞く態度が悪かったり、聴き方が下手であったら、・をするのは彼らです。 実際に、聞く態度が悪い新入社員には、その点を厳しく指摘しました。 (このときのエピソードは、こちらから   http://blog.goo.ne.jp/manabi8/e/5fa914266a50a2e134be3217b021a646 ) 最後に「ウダウダ言わずにやれ」ということを強調しました。 言い訳や理屈はいりません。 現場で求められるのは、行動と結果です。 まずはやってみること。 やってみることで、学造ことも多い。 そこに気づいてもらえるよう、飛び込み訪問なども 無理やりでもやってもらいました。 (実際、怖がって、やりたがらなかった子もいました。    その子は、贈日目は結果が出ませんでしたが、  2日目は、結果がでました。) ●現場OJTとの連動 新入社員には、現場OJTに関して、次の3点を伝えました。 ・教えている時間がない(教えてもらえると思うな。自ら学べ) ・本社と現場(言うことが違う場合もある) ・人それぞれ(色んな上司、色んな教え方がある) また、新入社員を受け入れる側の管理職、およびOJT担当者に対して、 「こういう新入社員研修を行いましたよ。  彼らには、こういう風に伝えましたよ。」 という報告会を行いました。 OJT担当者に対しては、 別途「教え上手になる!OJT担当者研修」を実施する予定です。 それにより 「学び上手」を目指す新入社員研修と 「教え上手」なOJT担当者研修を、連動させていきます。

投稿者:関根雅泰

コメント (0)

新入社員向け営業研修

「新入社員 営業教育」 参加者の声

某金融機関で、7日間の新入社員 営業教育を行ったときの 参加者の声です。 ●学んだこと・気づいたこと ・この研修で「営業」というものが、どんなものなのか  リアルに体感することができた。 ・「信頼関係の構築」が、全ての始まりということに  改めて気づかされた。そのために、日ごろの情報収集や  準備の積み重ねが大切である。 ・自分の無知さ、子供っぽさ、といったことが、研修を通じて  見えるようになってきました。おそらく今までの自分は  甘えた部分が多くあったと思います。  先日、講師の方にご指摘頂いたことを機会として、  自分を変えていこうと思いますので、ご指導をよろしくお願いします。 ・「理論武装→営業現場実行→ふり返り」という研修のやり方は、  非常によいと思います。  今回の研修はまさに全員参加型研修です。全員が意見を交換したり、  ロールプレイをしたり、新しいアイデアもどんどん生まれてきました。  非常に面白くて、有意義な研修でした。 ・「仮説を立てる」ことが、あらゆる面で求められる。  お客様のニーズはもちろん、外回り地域の様子、その他たくさんの  ところで、相手を思い考えることによって、仮説が生まれる。  私の中での一番は「準備をなめるな!!」ということ。  仮説を立てるためには、相手を考え、準備を必死にする必要がある。 ・今までの自分がいかに甘かったか(守られていた)のか、  いかに好き勝手に何事もこなしていたのかということを痛感しました。  この研修で、何かにぶつかったとき、何かを行うときに、  自分で考えて他の人と意見を共有するやり方を学びました。 ・この研修では「経験」を自分のものにするためのプロセスと、  「相手の認識について考える」という2点を特に重点的に残すという  貴重な体験をさせて頂きました。 ・営業の「厳しさ」だけでなく「楽しさ」も分りました。  最初は「飛び込み営業」はとても不安だったのですが、冷たいお客様も  いますが、本当に優しいお客様もいて、人と出会える喜びというものを  感じることができました。 ・営業という仕事がいかに「頭を使うのか」ということ。  相手の表情や仕草を見て話をあわせたり、会話を膨らませ、情報を  聞き出すことがいかに難しいかを、飛び込み営業や社内のロープレ等を  通じて体感することができた。 ・今まで何となくしか理解していなかった営業が、何をするかということが  ほぼ分りました。 ・同期のメンバーと、プライベートではなく、仕事に対してこのように  深く意見を言い合うことは初めてだったので、一つのことに関して  いかに自分と考え方が違うのかと思ったと同時に、とても勉強になり  新しい価値観にも出会えました。 ・営業部分の全体像からアプローチ方法の細部にわたるまで、講義して  下さったので、大変ためになりました。 ・営業については、全く分らないゼロからのスタートでした。  営業についての疑問や不安はたくさんありました。  研修を通して、営業についてのイメージが膨らみ、不安を取り除くこと  ができました。  実践の飛び込み研修をやり遂げ、講師の方に従って  PDCAをすることで、自分の中に経験として残ったと思います。    私の場合、お客様ができたのは、すべてふり返って反省し、  次にどのようなアクションを起こすのか、関根さんの講義によって  考えることができたからです。  PDCAの大切さを身にしみて実感できました。  それに加え、お客様のお宅を訪問するなかで、  信頼構築→ヒアリング→プレゼン→クロージングの順番は  非常に大切だと感じました。  参加型研修は素晴らしいと思います。 ・研修が始まるまでは「営業」「社会人」「仕事」などについて  大まかなイメージしかできていなくて無知でした。  今回は「セールスプロセス」という名目の研修でしたが、  営業のセールスプロセスだけでなく、「社会人」として「人」と  しての部分も多くあったと感じました。  自分次第で、良くも悪くもなる!!  7日という短い期間でしたが、「営業」「社会人」としての  心構えができたと思います。 ・約1週間という短い期間ではありましたが「営業活動」「学び方」の   基本が見えてきたと思います。 ・研修の期間が経つにつれ、同時に社会人としての意識も高まってきました。  真剣になりきれていない(恥ずかしがっている)自分自身に気づくことも  できました。 ・自分が思っていた「飛び込み営業」の概念が変わったこと  この研修をやっていって、他の人の意見や考え方が分ったこと。  営業だけでなく、この知識は様々なことに使えることが分りました。 ・7日間で学んだことといえば、やはり2日間、外に出て「飛び込み営業」を  行ったことから得たことだと思います。  まず目標を立てて、それを達成する難しさを知りました。そして  自分の甘さに気づく事ができました。  学生気分でいた自分を目覚めさせて頂きました。ありがとうございました。  今後また会う機会がありましたら、よろしくお願いします。 ・実際に新規開拓を行う際に、まず何をしたらよいのか  何に力を入れればよいのかを考える力がついた。 ●ご意見・ご感想 ・7日間、本当にありがとうございました。  ほんとうに、とても、とても参考&勉強になりました。  もう知らないことばかり、新しいことの連続で、  聞いていて、とても楽しいと感じました。  ぜひ、学んだことを身につけ、実践していきたいと思います。 ・講師の方は「さすが、営業を教えていらっしゃるだけあるな」  と思うトークの進め方で、非常に分りやすかったです。  こういうこともしっかりとした「仮説」と「準備」があったから  だと思います。本当にありがとうございました。 ・講師の方の進め方が、本当にわかりやすく、また自分で考える力も  つきました。まず、自分自身で考えさせてくださる、というのは  私にとって、ありがたいことでした。 ・勉強になります。飛び込み営業で気持ちが引き締まりました。 ・一方的な講義だけではなく、自分はどう思っているのか考え、  そして相手と意見交換し、新しい考え方に気づく事ができ、  次行う時には、その考え方も視野に入れることができるという所まで  学ぶので(自分で学ぶ)理解の度合いを深めることができました。 ・1年後、またこのメンバーで、関根さんに来て頂いて、研修したいです。  毎年、初心に戻るという目的で是非やるべきだと思います。 ・定期的にこの研修をふり返らないとまずいかもしれない。  実際の現場だと、本当は違うかもしれないが少しでも取り入れていきたい。  研修内容を完全にマスターして、誰かに教えてあげたい。  おもしろい研修の体験ができてよかった。友人にも話してあげたい。 ・7日間、とてもよい講義を行って下さりどうもありがとうございました。  毎日、毎日、いろいろなことを発見できて本当によかったと思いました。    ラーンウェルの関根さんの研修を受けられて嬉しいです。  ありがとうございました。 ・営業を始めて数ヶ月後に、この講義を受けたら、より共感、納得できる  のではないかと思う。

投稿者:関根雅泰

コメント (0)

セミナー講師向け 学習教材

お客様の声

セミナー講師の方向け教材 「リピート確実!参加型セミナーの企画運営メソッド」 をお買い上げ頂いた方からのメールです。 ----- Original Message ----- To: "セミナーコンサルタント関根雅泰" Sent: Tuesday, September 05, 2006 2:34 AM Subject: PDF拝読しました! > セミナーコンサルタント関根雅泰さま > > 講師限定裏マニュアル、拝読しました。 > > 中級者以上を対象とされているだけに、レベルの > 高さを感じました。 > セミナーのみならず、会議やちょっとした交流会にも > 応用できそうですね。 > それに人間関係向上にもグッド!! (Oさん、どうもありがとうございます!) =============================== セミナー講師の方向け教材の詳細はこちらから↓ http://www.seminar-consultant.com/product/DVD1 =============================== ●内科医 Y様 より    教材お受け取り後に頂戴したメール (ご本人の許可を得て掲載) 関根 雅泰先生  Yです。先週送って頂いた「DVDセミナー講座」を見て、学習しました。 たいへん楽しく、役に立つ内容でした。DVDでの解説も、とても分かりやすいですよ。 何より、DVD自体がセミナー形式となっており、「参加型」に徹しているのに好感がもてます。 「裏マニュアル」にも驚きました。まさに「目からウロコ」ですよ! 「困った参加者」も、対応次第では「強力な味方」になるという示唆には、なるほど〓と思いました。 11月23日の「実践編」は、本当に楽しみですね。期待していますよ! (Yさん、ありがとうございます!) =============================== セミナー講師の方向け教材の詳細はこちらから↓ http://www.seminar-consultant.com/product/DVD1 =============================== ●GCS認定コーチ 青木 ゆみ子様 関根様 こちらこそ、11/5は、ありがとうございました。 pdfブック「参加者には絶対ナイショ!」読みました。 読み始め、「あーいるいる、こういう参加者」と思いました。 次に自分が講師だったらどうしよう? こういうことは、ありえるよなーという不安が生まれました。 しかし、読み進めていくと具体例が書いてあり大変参考になりました。 今後届く教材が楽しみです。 尻込みせず、セミナー開催へ向け行動していきます。 今後とも「3ヶ月間無料メール相談」にて、 いろいろと教えてください。 よろしくお願いします。 気温の変化が激しい日が続いていますのでご自愛下さい。 青木 (青木さまから後日頂戴したメール ↓) 関根様 DVD見ました。 DVDでも参加型なんだ!!と驚きました。 ちゃんと一時停止して書き込みながらやりました。 プレゼンテーションスキルのジェスチャーのくだり(ばばんばばんばんばん)は 笑ってしまいました。 奥様が撮影されているのを知っていたので 夫婦愛のようなものも感じつつ楽しく勉強できました。 現在、企画フォーマットのセミナースケジュールを練っているところです。 PS:ブログコメントありがとうございます。 青木 (青木さん、どうもありがとうございます!) =============================== セミナー講師の方向け教材の詳細はこちらから↓ http://www.seminar-consultant.com/product/DVD1 =============================== ●パーソナル・エデュケーション・コーチ 和田智香子 様 http://www.p-edu-coach.com 関根さま ご丁寧なメール、ありがとうございました。 「参加者にはゼッタイないしょ」はダウンロードし、さっそく拝見しました。「わかるわ〓」と納得の嵐でした。教材がとても楽しみです。 関根様のHPにたどりついたのは、私はコーチング・リンクに参加しておりまして、久しぶりにリンクの他のHPをネットサーフィンしていました。どなたのページか忘れてしまったのですが、コーチの方のページに関根様の教材を紹介した部分があり、「今求めているのはコレ!」と直感が働いて即注文させていただきました。 慎重派の私がネットで購入を即決することはほとんどありません。でも、今ここで購入しなければ損、というくらい直感が働いたのです。 といいますのも、そろそろコーチングの研修をメインとした事業をきちんとはじめようと決意していたことと、セミナーや研修の仕事が入りはじめたこともあり、自分のセミナー講師としてのスキルをきちんと見直したいと強く考えていた矢先だったからです。 以前私学中学高校の教員を10年しておりました。今も専門学校の非常勤をしており、人前で授業をすることには慣れておりますが、全くの我流で通しており、コスト意識の高い大人の方を前にコーチングセミナーをすることに少し自信のなさを感じています。 今回、関根様にメールでの相談もできるということで、本当に心強く感じております。 今後、12月、1月と何件かセミナーを開催しますので、ぜひお力を貸していただきたいと思っております。 どうぞ今後ともよろしくお願い致します。 http://blog.livedoor.jp/yonchiro(お母やんのブックストア。覗いてみてください) http://www.p-edu-coach.com(コーチングHP) (和田さん、ありがとうございます!) =============================== セミナー講師の方向け教材の詳細はこちらから↓ http://www.seminar-consultant.com/product/DVD1 ===============================

投稿者:関根雅泰

コメント (0)

セミナー講師向け セミナー

セミナー開催ノウハウ講座:実践編

セミナー開催ノウハウ講座:実践編 先週の土日(9月9日〓10日)に、週末起業フォーラムさん主催で、 「セミナー開催ノウハウ講座:実践編」を開催してきました。 個人市場向けの「セミナー講師向けセミナー」としては、 おそらく最後になるかもしれないセミナーでした。 その分、かなり気合入れたセミナーになりました。 ・研修業界の裏話 ・どのくらい稼げるのか ・泥臭い営業の話 など、 普段は話さないようなことも、ついつい話してしまいました(苦笑)。 ご参加くださった8名の参加者の方も、充実した時間を過ごされたようです。 今回の仲間が集まって、忘年会をやるという話も出ているようです。 嬉しいですね。 (ご参加頂いた皆さん、どうもありがとうございました!)

投稿者:関根雅泰

コメント (0)

セミナー講師向け セミナー

「セミナー講師として食べていくには?」

7月28日(金)に、セミナー講師向けセミナーを実施してきました。 タイトルは、「セミナー講師として食べていくには?」 (ものすごい直球のタイトルですが(笑))  http://sueki.livedoor.biz/archives/50538250.html ご依頼頂いたのは、渋谷でセミナー会場の貸し出しをされている ティーズビジネスグループさんです。    http://www.tsgroup.jp/ ティーズさんが新たに立ち上げられた「講師サポートCLUB」の 設立記念パーティーの特別セミナーといった位置づけでした。     http://www.seminer.tsgroup.jp/03_club.html 当日は、 ・セミナー講師の方々 ・セミナー講師になりたい方々 計、50名弱が参加されました。 皆さん、ものすごい真剣さで、 何でも吸収して帰ってやる! といった気迫を感じるセミナーでした。 DSC02061-thumb.jpg セミナーは、1時間の短い時間だったのですが、 ・セミナー講師として食べていくには? ・法人と個人市場の違い ・満足されるセミナー企画 ・セミナーを販売する営業のやり方 などについて、お話しました。 DSC02079-thumb.jpg 短い時間でしたが、私が得意の「参加型」にしました。 イントロで、「セミナーへの期待」 クロージングで、「学んだこと・気づいたこと」 参加者同士の意見共有は、盛り上がりました。 時間が限られていたので、あくまでポイントのみでしたが、 参加者の方には、ご満足いただけたようです。 ほぼ全員の方が、名刺交換に来てくださったので、 そういう意味では、よかったのかなと思っています。 http://sueki.livedoor.biz/archives/50546285.html(↑企画された末木さんのブログでも、   当日の様子をご紹介いただいております。) DSC02056-thumb.jpg ご参加された皆さん、ありがとうございました! そして、企画してくださった ティーズグループの椎野さん、 フューチャーチョイスの末木さん、 ありがとうございました!

投稿者:関根雅泰

コメント (0)

セミナー講師向け セミナー

参加者からのメール

7月28日「セミナー講師として食べていくには?」 セミナー参加者から頂戴したメール (許可を得て抜粋) ●畔柳さま ----- Original Message ----- To: Sent: Saturday, July 29, 2006 8:37 AM Subject: 昨日のセミナーでは、大変勇気付けられました。 関根雅泰様  おはようございます。昨日のセミナーに参加した 畔柳です(クロージングの時に答えたものです)。  私は、FPを中心にして、集客・販売のセミナー、FP関連の 講師を中心に起業を考えています。  早速、8月末・9月に初めてのセミナーを開催するので、今回 参加しました。今回、参加して、関根さんのセミナーノノウハウの 一端が見え、大変、参考になりました。    また、関根さんがセミナー講師として起業して、しっかりと稼いで いる姿を見て、大変勇気付けられました。関根さんを目標にすることが でき、セミナー講師としての意欲も大きくなりました。  「教え上手になる!」は、早速、アマゾンで注文をしました。早速、 読んでスキルアップに繋げたいと思います。  今後、また、お世話になることがあるかと思いますが、よろしくお願い します。 === ●山下さま ----- Original Message ----- To: "ラーンウェル関根雅泰" Sent: Saturday, July 29, 2006 10:37 AM Subject: ありがとうございました>山下 師匠 昨日はありがとうございました。 改めて・・・・ 感動しました。1時間の中にアレだけの内容を シンプルに分かりやすくスマートに・・・ もう、言葉では言い表せないです。 私は、まだまだまだまだだなぁと。 ヒントもたくさん頂き、いい刺激にもなり、本当に感謝です。 ありがとうございました。 ところで、 私の近況報告です。 ココのところ、こもりっきりで 会社案内やらリーフレットやら作り直しました。 テキストも40ページのものを作りました。 構成も練りに練り、満足していただけると、自分が納得できるレベルまで 出来ました。 もちろん、回数を重ねるごとに良くなっていくとは思いますが やっと「これなら役に立つ。感動と呼べる」と思えるところまで出来ました。 本当に本当にありがとうございます。 (後略) 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 感動組 山下寿美 HP      http://www.kandougumi.com ブログ  「なりたい自分の育て方」 http://little.de-blog.jp/grow メルマガ  「自分大好き!」  http://www.mag2.com/m/0000190940.html 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

投稿者:関根雅泰

コメント (0)

ページトップに戻る