メイン

2016年07月15日

書籍「オトナ相手の教え方」に関する記事

拙著「オトナ相手の教え方」が、アマゾンで30位台を維持と、
地味に売れ続けています。

「なんでかな〜」と検索してみると、何人かの方々が、
ウェブで紹介してくださっていました。(ありがとうございます)

続きを読む "書籍「オトナ相手の教え方」に関する記事" »

2009年03月11日

書籍「教え上手は、学ばせ上手」が発売になります。

09年3月13日に書籍「教え上手は、学ばせ上手」が発売になります。

この本は、2006年4月に上梓した「教え上手になる!」を新装改定したものです。

おかげさまで「教え上手になる!」は読者の方々から好意的な評価を頂きました。

http://tinyurl.com/d8wcqn (アマゾンの読者レビュー)

ただ、出版から3年経ち、世の中も大きく変わってきているので、一部加筆修正し、
改めて「教え上手は、学ばせ上手」という新タイトルとともに世に出すことになりました。

(クロスメディアパブリッシングの小早川さん、下松さん、ありがとうございます!)


一対一あるいは一対複数で部下、後輩指導をされる上司や先輩
一対多で研修・セミナーを実施される講師や教師の方々にも
ご満足頂ける内容の本だと思います。

2007年09月26日

読者の声

拙著「営業に役立つコミュニケーションのポイント」と「教え上手になる!」

を読んだ方から、こんなメールを頂戴しました。


嬉しかったので、許可を頂いて転載しています。


==================================

●某企業の人事教育担当者の方


関根 様

Kです。お言葉に甘えまして、ご本を読ませていただいています。

2冊目の途中なのですが、2冊ともものすごく読みやすいですね。

非常に平易な文章で完結に要点を書かれていて、内容もさることながら、
文章力と構成のすばらしさに感嘆しきりです。

各章、各テーマとも同じフォーマットというか構成、まず定義があり説明がきて
最後にまとめとして振り返っていただいているところが、
読み手の中に自然と入りそれが記憶に留まります。


営業は問題解決支援だというところなどは特に「ほー、なるほど」です。

膨大な知識や情報をもとに概念化して簡潔に書いて、さらに図も挿入して
いただいているので、営業のことをまったく知らない素人にも
わかったつもりに十分なります(実際は簡単なものではないでしょうが)。

これまで営業には縁がまったくありませんでしたし(やったことありません。昔はエンジニアでした)、
今も縁がありません(トレーニングスペシャリストです)。

実は、いつかは起業したいと考えて、そのためにはマーケティングと営業は知っている必要が
あると思っています。練習の意味も踏まえ、副業をし始めていますが、やはり難しいですね。


「教え上手になる」はまだ途中ですが、
インストラクショナルデザインの理論をその難しい言葉を使わずに
端的にご説明されているところはさすがですね。

それ以外でも相手のことを考えた教え方はまさにそのとおりですね。
私も気をつけているところです。

たくさんの気づきをありがとうございます。
では、今後ともよろしくお願いします。


==================================

(Kさん、ありがとうございました!)


2007年06月04日

新聞書評で紹介されました!


書籍「教え上手になる!」が、新聞書評 日曜版特集で取上げられました!

===================================

【書評】特集・「力」を磨けば… 『教え上手になる!』関根雅泰著 


 ■「学ぶ力」教え込める能力

 大人に教えることは難しい。

 本書の著者も記しているように、それは決まった答えのある子供を
 対象にした「教える」とは異なり、大人に「教える」ことは、
 教える側の当事者もそれを体系的に学んだことがないからだという。

 従って、大人に教えるということは、自らの体験、その多くは
 成功体験に基づくところが大きくなりがちだ。

 本書は、ある程度の「大人」、とくに20〜30代の若者を中心に
 焦点を当ててまとめ上げられた「教え」の手引書だ。

 その切り口は、単に「教える」という手法でなく、教える相手が
 「上手に学ぶ力」を身に着けられるように支援するスタイルをとっている。

 それは、今の時代が大きく環境が変化するなかで、「正しい答え」を導く
 ことができない時代を迎えており、変化に対応した「学ぶ力」を自ら
 備えながら、変化に自ら解答を出さなければならない時代を迎えているからだという。

 その意味からいって、表題の「教え上手」は、この「学ぶ力」を
 教え込める能力という論理立てが成り立ってくる。(明日香出版社・1470円)

   2007/06/03, FujiSankei Business i., 5ページ,

===================================

フジサンケイビジネスアイさん、ありがとうございます!