読者の方からのメール

「教え上手になる!」読者の声

●yamanobosemon 様より
===
ラーンウェル代表取締役
関根雅泰様
メール有難うございました。
> 貴著とご報告書を拝読しました。非常に勉強になります!ありがとうございます。
お送りした拙著と報告書をお読みくださったこと、とても光栄で嬉しく思います。
心より感謝申し上げます。
関根さんのご著書『教え上手になる!』は、教師教育に様々な形で
関わってきた私にとって、大きな驚きでした。
理論面・実践面の提示の構成が非常に分かりやすく、
しかもとても平易な言葉で書かれています。例えば、
私の専門の教師教育の分野で、教師の目指すべきモデル像に関して、
「自己研修型教師(Self-directed Teacher)」
というものがあるのですが、それについての説明として、
「他の人の教え方を鵜呑みにしそのまま適用していくような受け身的な存在ではなく、
自分自身で自分の学習者に合った教材や教室活動を創造していく能動的な存在であり、
そのために、これまで無意識に作り上げてきた自分の考え方・教え方をクリティルに捉え直し、
学習者との関わりの中で見直していくという作業を自らに課す」教師
というような長〓い定義が使用されることがあります。この道のプロならともかく、
先生になりたいと思っている人、なったばかりの人にとっては、難解な定義です。
それを関根さんは、「学び上手な人」という用語を使用して、
「自分の経験・周囲の人々・先人の知恵から、何かを得て自分の糧としていける人」(p.58)
と、誰にでもイメージしやすく、かつ本質を突いた定義をなさっています。
これだけ読み手の側に立って書かれた本は、私の専門分野では、
出会ったことがありません。
これから教師教育や教師教育者教育(メンター育成)などを
行う際には、テキストとして活用させていただきたい内容が満載です。
(先日、○○大学での講演の時にも、紹介させていただきました)
このような素晴らしい本を出版してくださったこと、心より感謝いたします。
> yamanobosemon さんの学習者一人一人の学びを支援するという姿勢に共感しま
> す。
関根さんのご著書を拝見して、まだお会いしたことがないのに、
いろいろな形で共感できる自分が不思議でした。
> *「『教育』という道を通して、日本をもっとよい国にしたい」
私もそう思っています。そして、それに携わる人々がよりよく変わっていくこと
が、教育のよい方向への変化につながると思っています。そして、
> *「私にとっての足元とは、『家族』です。自分にとって、一番身近な家族を幸
> せにできないようで、大きな夢ばかり語っていても仕方ありません。」
という点も同じです(私が私淑している坂本龍馬さんも同じことを考えていたそ
うです)。
今後のますますのご活躍で、大きな刺激を私たちにどんどん与えてください。
これからも宜しくお願いいたします。
では、失礼します。
yamanobosemon
===
yamanobosemonさん、どうもありがとうございました!

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る