「こうすれば経営に失敗する12の原則」竹田先生との座談会に参加しました。

社長の勉強

「こうすれば経営に失敗する12の原則」竹田先生との座談会に参加しました。

22年11月3日(木)15時~17時45分、「こうすれば経営に失敗する12の原則」竹田先生との座談会@Zoomに参加しました。差しさわり無いと思われる範囲で、当日の様子を記録に残しておきます。

15時~

●参加者の自己紹介

15時15分~

●竹田先生

・従業員30名未満の会社では、業績の98%が社長一人の実力で決まる。
・社長が経営の勉強をして、本業に打ち込むしかない。
・つい他に原因を求めたくなる。

・自営業者が、本業から離れて余計なことをすると、収入が減る。

・TKCの経営データを、グラフにして考えてきた。

・固定資産が、粗利益を作り出す手段。
・製造業では、機械設備が価値を作る。
・資金の力と人の力で価値が生み出される。

・お金の力によって価値が生み出されている。グラフにきちんと出てくる。
・従業員一人当たりの生産価値資産が、1500万円以上あると、一人当たりの粗利益も大きくなっていく。
・中小企業の80%は、生産価値資産が1000万円以下。
・資金の力で粗利を作ってない。

・資金のない会社では、社長の戦略実力と従業員の戦術技能で、粗利を作っている。

・戦略×戦術×仕事時間=人の力

・社長が選んだ立地が悪いと、従業員がいくら頑張っても、お客が来ない。
・お客を誰にするか。自分が好きな客層は誰か。
・誰でなければならないか。競争相手との力関係。大手と戦っても勝てっこない。
・何も考えてないで、店を出している。

・社長が戦略実力を高めるしかない。
・どこで経営戦略を勉強したらよいのか。その場所が無い。

・会社は粗利益で出来ていて、その粗利益はお客さんからしか出ない。
・業績を良くするには、お客をどう作って維持するかについて、8割をかけるべき。
・お客作りが入らない経営はあるのか。
・MBAの講座には、お客作りや営業が入ってない。

・1つのテーマで、3万円以上の教材をもってる社長は、100人中3人ぐらい。
・良い社長になりたいという向上心を持っている社長は、正規分布していた。

・社長が勉強しない。にもかかわらず「儲からない」と言っている。

===

●こうすれば経営に失敗する 1

・「できない理由」から考える人が多い。
・言い訳ばかり言う。6割は、できない理由が先に来る。

・会社の経営は、固定給無しの歩合給で運営されている。
・社長が「できない理由」を言うのは、自分の立場を否定していることになる。

・GDPは、30年で2~3%しか伸びてない。
・大卒初任給が、30年で、15,000円ぐらいしか上がってない。
・従業員一人当たりの粗利益が伸びてないから。

・社長の学習計画も、経営計画書にいれるべき。
・簿記3級の知識を持つ社長は、10~15%ぐらい。
・自分が作った経営システムがうまく作れているかどうか。
・それをチェックするには、経営データを分析するしかない。

●こうすれば経営に失敗する 2

・改善の余地はないと強く思い込んでいる。

・経営相談では、業種、主力商品、従業員数、年商を、ざっと聞く。

・6階建てのスーパーとかは最低。
・人口20万人以下なら、1フロアでないとダメ。
・本で調べて、実際に見てきなさいと指導したが、聞く耳を持たない。

・こういう方の経営相談が一番困る。

●こうすれば経営に失敗する 3

・従業員のせいにする。

・「この店はつぶれるだろうな~」と見張りもかねて、店に通う。
・やっぱりつぶれてた。

・従業員100人以下の会社が、98%。

・資金を殆ど使わない産業が7割。
・金利を下げても、仕方ない。資金が必要ないので、借りようとしない。

●こうすれば経営に失敗する 4

・BSとPLの見方を分からずに経営している。

・経営システムは形が無い。上手に作られているか分からない。
・それを唯一測定するのが利益である。ドラッカー先生曰く。
・利益は、会社の安全を保つために備えるための資金。社長のやり方がうまくいっているのかをチェックする役割を持つ。

・経営データは、簿記会計を通じて、出てくる。
・社長向けに簿記会計を教える学校が無い。

●こうすれば経営に失敗する 5

・成果主義の賃金制度を導入する

・教育訓練をやった後の成果賃金なら効果は出る。

●こうすれば経営に失敗する 6

・社長が経営の勉強をしていない。

・1年間に20万~50万円の社長のための教育予算を使って勉強すべき。

・社長になって15年くらいすると、経営に飽きる。
・本業以外の他の事を始めるようになる。
・趣味、公職・名誉職、関係ない業種に手を出す。
・議員に立候補するとダメ。それで倒産する。

●こうすれば経営に失敗する 7

・朝の時間が1時間~1時間半遅い。

・朝が遅いのは致命的欠陥。

・人が超いやがる仕事の場合は、例外的(例:火葬場の耐火煉瓦の改修業務)

●こうすれば経営に失敗する 8

・1000時間も少ないのに、努力してると思い込んでる。

・1年で3200時間の仕事時間で、8時間働いている人の2倍

○1日10時間×6日=60時間×52週=3120時間+80時間(日曜日に4時間×20週)

●こうすれば経営に失敗する 9

・本業と関係ないことに時間を使う。

・20年前のITバブル。

・大学で講座を9年やったが、やるべきではなかった。

●こうすれば経営に失敗する 10

・大会社の社長の役目が正しいと思い込んでいる。

・研修の仕事は、役職者向けの研修が多かった。
・社長が勉強すべき。
・本気で従業員が勉強したら、独立する。

●こうすれば経営に失敗する 11

・戦術だけだ大事だと思い込んでいる。

・戦略と戦術の区別をきちんとつけられる社長が少ない。

・戦略の意味は、本の著者の数だけある。J.バーニーの書籍の中の言葉。

・「稽古」いにしえを考える

・語源を確かめて理解すべき。
・戦略の語源は、古代ギリシャの「ストラテジア」

・娘さんが、アメリカの大学に1年留学。円が250円の時代。

・難しい言葉の語源は、ほとんどの場合、中国かギリシャに遡れる。
・ギリシャ語で、ストラテジアは「将軍の術」だった。

・「虐待」論語 なぜ自分が罰を受けるのか分からないのに、罰を受ける。

・会社から、従業員への請求はできない。
・重要人物が辞めそうなら、その知識、ノウハウを、周囲に教えさせておく。
・1年すればできるやつは覚える。

・関連する情報の寄せ集めが経営。

●こうすれば経営に失敗する 12

・強者の戦略が正しいと思い込んでいる。

・番外弱者ほど勉強してない。

・経営のやり方には2種類ある。それを数字で示したのが、ランチェスター法則。

===

17時~

●質疑応答

・成功するには?

・「戦略名人」の教材で勉強すべき。
・10万円するが、その準備にそれ以上の時間と労力(48年間)をかけてきた。

―――

・6階建てスーパーは何故つぶれた?

・6階建てスーパーは、経費高になる。効率が悪い。

・小売業専門のコンサル 船井先生、渥美先生も、気づかなかった。

―――

・「この人が辞めたら困る」と言う状態。実際辞められて困っている。どうしたら?

・損害保険として、その人以外を育てる。

―――

・12の原則のうち、どれが失敗のパターンとして多いのか?

・勉強しないこと。

―――

・立地に関して、やってはいけない何かがあるのでは?

・こっちから出かけていく業種は、立地は関係ない。お客が来るのを待つ「来店型・客待ち型」の場合は、立地が重要。8割を決める。
・店を出す場合は、何百店舗と観て勉強すべき。

―――

・やめなさい!と助言してもやめない経営者が多い。

・福岡は、サービス産業が多く、製造業が少ない。

―――

・簿記3級は、ざっくり全体が理解できるということで推奨?

・専門用語が理解できず「え~と」と考えてしまうと、知恵、ひらめきが出ない。

・中小企業の科目はたかが知れてる。

・数字が分からない人は、浪費癖がある。

―――

・一度成功した後、失敗する社長は?

・自己を過信する。社長はおだてられると弱い。

・弱者は調子に乗るな。

・福岡でおさまる人ではない。東京にでるべきだと、コンサルに乗せられた。東京に出て、倒産。
・知名度の高いコンサルにおだてられると、つぶれる。
・東京はマーケットが違う。

―――

・弱者の戦略で、地域の絞り込みに、抵抗感を示す人がいる。

せっかく売れそうなチャンスがあるのに、なぜそっちの地域に行ってはいけないのか。
弱者だから資源が少ない、移動時間の無駄、バタ貧社長になる、と伝えているが、伝わらない。どう伝えていったらよいのか? 

・なぜ、その地域が良いのか、今の地域がダメなのか、論理的に整理をしてもらう。
・好き嫌いでなく、論理的に。

・福岡から東京に出る。20社中18社が失敗する。

・権威が無いと、言うこと聞いてくれない。
・ランチェスター戦略をやって上手くいった人を根気よく探している。

===

○やっぱり竹田先生のお話と声を聞くと、身が引き締まる。勉強を続けよう!

===

竹田先生、企画して下さった伊佐さん、一緒に参加された皆さん、ありがとうございました!

===

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る