2011年度「ペア研修」アンケート結果

0.ペア研修

2011年度も、新入社員と指導員/チューターが一緒に参加する
「ペア研修」を実施させて頂きました。
そこで得られた情報を差しさわりの無い範囲でご紹介します。

(データ分析協力:Learning & Culture Innovation 株式会社*
 *弊社と守秘義務契約を結んでいるコンサルティング会社です。)
=================================
1.研修参加者

2011年度は、3社様で、
配属直前および配属後数カ月間の間に「ペア研修」を実施しました。
=================================
2.新入社員が「楽しいと感じること」
「ペア研修」では、最初、新入社員と指導員/チューターと分けて、グループを作り
OJTの状況を意見交換します。


「新しいことを覚えるのが楽しい」という声が多いですね。
ただ、新人には、ここで1つ釘をさしておきます。
「学ぶのが楽しいのは良いこと。
 ただ、仕事において、多くの場合、学びは手段。
 学生時代と違い、学ぶことを目的化し、学ぶことだけで、満足しないでほしい。」
=================================
3.新入社員が「大変と感じること」


配属直後に新人が苦労することは、大きく言うと3つです。
「環境変化」「知識不足」「人間関係」
「他の会社さんでも一緒だから、自分だけではないよ」と伝えます。
=================================
4.指導員が「苦労していること」



指導員/チューターが苦労するのは「新人指導の為の時間が取れない」という点です。
つまり「業務との両立」に苦労するのです。
そして「与える仕事がない」という苦労があります。
この二つが重なると、新入社員が「放置状態」におかれます。
新人がなにもやることがない状態で、放っておかれてしまうのです。
この現実を、新人に伝えた上で、彼らには次のようなメッセージを伝えます。
「指導員が苦労することは二つ:
 時間が無い、と、やらせる仕事がない、ということ。
 これに対して、新人はただ待っているのではなく、自分から仕事を見つけてほしい。
 実は、職場には“忙しくて手が出せていないけど、誰かがやってくれると助かる”
 といった種類の仕事がある。例えば、書類の整理など。
 そういう仕事を、指導員から聞いておいて、空き時間が出来た時に、
 自分から動くこと。
 いかに暇な時間を作らないか、それを指導員と一緒に考えてほしい。」
=================================
5.指導員が「工夫していること」



業務との両立に苦労する指導員は、「周囲の協力」を得ることで
その点を解決しようとしています。
新人に対しても、このことを伝えます。
「業務との両立に苦労する指導員は、周囲の協力を得てOJTを進めていくことになる。
 その時に誤解してほしくないのは、指導員が他の人に指導をお願いすることを
 “指導員の責任放棄”や“丸投げ”と捉えないでほしいということ。
 実は、指導員が他の方との接点を作ってくれることで、新人の皆さんの
 人脈が広がり、その後の仕事が進めやすくなるという利点がある。
 新人の特権を活かし、色々な方に質問し、人脈を広げていってほしい。」
=================================
ペア研修に参加する指導員の中には
「ここまで新人にやってあげる必要があるのか?」
「ペア研修・・・俺らのときは無かったぞ。時代が変わった・・・。」
といったコメントを下さる方もいらっしゃいます。
気持ちは分かります。
本来はこういう機会など無くても、現場でOJTがスムーズにいくのが理想的です。
ただ、指導員/チューターの苦労でもあったように、彼らは現場で
新人の為に時間をとることが難しいという現実があります。
「だったら新人から積極的に困った時は相談してくればよい」
というのは簡単ですが、自分が新人だったらどうでしょうか。
忙しそうに「話しかけるなオーラ」を出している先輩たちに、
自分から声がかけられるでしょうか。
質問したらしたで「忙しいから後にして」「空気を読めよ」みたいな対応をされたら
怖くて質問ができなくなります。
ある程度、親しくなった後であれば、新人からも話しかけやすくなるでしょう。
そういう意味では、配属直前、直後にこういった機会を設けるのは、
双方にとって有意義だと、実際に多くのペアに接してきて感じています。
=================================
以前、ペア研修に参加して下さったチューターの方が、
「去年は、この研修のお陰で、新人との関係がスムーズになりました。
 今回も期待しています。」
と話しかけに来てくれました。
チューターと新人の距離を一気に縮める効果が、ペア研修にはあるようです。
=================================
最後まで読んで下さりありがとうございました。
(研修実施の機会を下さった各社教育担当の皆さま、そして
 研修に参加して下さった参加者の方々、ありがとうございました。
 最後にデータ分析に協力下さったLCIの内田社長、ありがとうございました。
  Learning & Culture Innovation 株式会社 http://www.lci-h.co.jp/ )
=================================
●ご参考
 2010年度 「ペア研修」アンケート結果
  https://www.learn-well.com/blog/2011/05/2010_1.html
=================================
「ペア研修」にご興味のある方は、
よろしければこちらからお問い合わせください。
  

お問い合わせフォーム

  関根へのメール info@learn-well.com

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る