【木曜日22-43】『再興 THE KAISHA』

木曜日

『再興 THE KAISHA 日本のビジネス・リインベンション』ウリケ・シェーデ(2022)日本経済新聞社

○日経新聞の書評に載ってて読んだ。これは良著! あまりに良い本なので、20代の仲間と一緒に読書会を企画することに。

===

●序文

・なぜ日本はいまだに世界第三位の経済大国でいられるのか?
・約2割の企業が、日本の成功の約8割を説明しているように見える。

●はじめに

・日本は高レベルの生産性と低レベルの腐敗や犯罪率を誇り、高度に発展している安定した民主主義国である。

・日本のグローバル競争のアプローチを「集合ニッチ戦略 aggregate niche strategy」と呼ぶ。
・この戦略で、リインベンション Reinventionを進める際には、2つが必要。
 1)戦略的リポジショニング 2)会社の刷新

・改革推進派と慎重派の言説を統合したもの。

・日本は、殆どの欧米諸国とは異なる選択を行い、問題解決を図ってきた。
・日本では、何よりもまず社会の安定を重視している。

===

●第1章 ビジネス再興

・知らぬ間に、日本企業は重大なリインベンション(再興)に乗り出し、その成果が出始めている。2020年時点で、日本は世界第三位の経済大国だ。
・何百もの重要なグローバル投入財で圧倒的な世界シェアを誇る。

・重要なのは、このリインベンションは、DXで競争優位性をもたらす新しい組織能力を使って、過去に構築されたコンピテンシーを強化できる「新・日本株式会社 New Japan Corporation」を生み出していることだ。

・バブル崩壊は、日本経済を奈落の底へと突き落とし、20年にわたって痛みを伴う再調整がゆっくりと進んだ。

・日本のビジネス規範の内容は、3つの中核的な行動命題によって表現できる。
 1)礼儀正しく思いやりを持つこと
 2)適切に行動すること
 3)迷惑をかけない。
 つまり、混乱を招く意思決定をしないことだ。

・2つの「失われた10年」は、実際にはじっくりと腰を据えた企業変革の時期だったと言える。

○ほんと、こう言われると勇気がでるな~。ジャンプするために、しゃがんでいた時期。

・多くの若いアジアン人にとって、日本はますます憧れの場所になっている。

===

●第2章 タイトな文化における企業刷新

・2011年に、心理学者のミシェル・ゲルファンドが「タイト・ルーズ理論」を提唱。

・図

・全ては変な外国人として悪目立ちしないようにするため。

・タイトな文化においては「3つの規範の内、2つを守れば十分」である。

===

●第3章 日本の経済発展-終身雇用を通じた安定

・反復学習と改善の進め方は、やがて高い歩どまり率と低いバラつきで、非常に複雑で高品質の製品をつくる能力に基づく、ものづくりのコアコンピタンスとなっていった。

・図

・バブルの原因は、規制上のミスと、企業に蔓延していた傲慢さや無謀さが重なった結果、不正融資や過度の投資が行われたことになる。

===

●第4章 集合ニッチ戦略

・日本企業は、消費者向け製品の輸出業者から、グローバルな「ジャパン・インサイド」サプライヤーへと移行する必要があった。
・上流のニッチ技術に移行。
・つくるのが難しく、模倣するのも難しいセグメントに移行。

・図 スマイルカーブ

・アベノミクスは、日本のタイトな文化の中で、ナッジとシェイミングを活用。
・政府が改革組にお墨付きを与え、トップダウンで刷新プロセスを進める大義名分とした。

===

●第5章 グローバルビジネスにおける日本の影響力

===

●第6章 ガバナンス、スチュワードシップ、役員報酬

・株価重視は、企業にとって有害なインセンティブとなる。

===

●第7章 プライベート・エクイティとM&A

・日本のPE業界にとって最大の課題は、経営人材の層の薄さだ。

・みさき投資は「うるさい株主」ではなく「働く株主」や「建設的なアクティビスト」を名乗っている。
・中神は「欧米の経営の良さを日本のビジネス環境のニーズと融合させようというコンセプトだ」と述べている。

===

●第8章 行動様式の変革

・2019年、日本では両利き(Ambidexterity)という概念がビジネスの流行語となった。

・イノベーションツーリズムに費やされる膨大な資金と労力の背後には、コンフォートゾーンを離れるように人々を促す考えがあるという。
・参加者の視野を広げ、既成概念を超えた新しい思考を奨励することが期待されている。

・日本のオフィスワークは長年、自動車生産のように、すぐに観察できる指標を使う「組み立てライン型の思考法」に基づいていた。

・AGCは、最も多角化した企業。
・AGCの例から、3つの主要テーマが浮き彫りになる。
 1)社内の行動様式は変えることができる
 2)社員参加型や全社横断など体系的な手順やイベントが必要になる
 3)トップ発のリーダーシップが必要である

===

●第9章 カイシャの再興

・殆どの企業で、直属の上司が、一人で昇進、昇格を判定する人事制度が障害となっている。

・従業員の権利を強化するためには、それに見合う形で雇用主の義務を軽減させる必要がある。

・「雇用の安定性を伴った起業家精神」
・兼業、副業に関する改革は、既存企業が、大多数の従業員の終身雇用を維持しながら、少数派がオープンイノベーションに携われるように組み立てた仕組みといえる。

・企業による買収は、イノベーション・エコシステムの活力源になる。
・大企業を巻き込むことが、日本のアントレプレナーシップ問題を解決する鍵とみなされている。

===

●第10章 DXに向けたビジネス再興

・日本は、現場や統合システムで好位置につけているが、上のレイヤー(クラウド)は、現在、米中の独壇場だ。
・米中企業は、現場レベルではあまり強くないので、日本企業が目指すのは、データ採掘者になることだ。

・いかに温かみや思いやりのある資本主義になりえるか。

===

●解説 冨山和彦氏

・大河ドラマ的な経営学術書

・本書に答えを求めないでほしい。考えるきっかけを与えてくれる。

===

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る