アジア出張:中国(深セン)編

活動の報告

台湾から、中国に移動します。
香港そばの深センを目指します。
日本では色々と報道がされている中国。
来るのは初めてです。 どんな所なのでしょうか・・・。

===
●中国(深セン)11月8日(金)~10日(日)
午前中、台北空港から、香港空港へ。1時間半ほど。
香港から、中国本土へ。
乗り合いタクシーで、国境を越えます。(高速の料金所のような感じです)
まずは、香港を出国。つぎに、中国へ入国。
私たちのタクシーには、台湾人の方がいらっしゃいました。
中国入国時には、彼らのスーツケースだけ中を調べられていました。
===
夕方、深セン駅そばのホテルに到着。
131108d.JPG
荷物を置いて散歩にいったら、
すぐに「マッサージ?」と女性に声をかけられました。
夜は、深セン和僑会の方々に、火鍋のお店に連れて行って頂きました。
深セン 和僑会  http://www.szwakyokai.com/
131108c.JPG
辛くて美味しかったです!
131108b.JPG
(中国南部では、こうやってパックされたお椀やお皿を、
 さらにお茶で洗ってから食べるそうです。 箸でパン!とあけます。)
その時出たお話の一部:
・大卒に就職先がない。ホワイトカラーの仕事をやりたがる。
・ワーカーは、引く手あまた。
・言われたこと以上をやらない。
・他の人を助けるというのはなかなか無いかも。
・現地採用の日本人の場合、
 マネジメント経験なくても「日本人だから」といきなり管理職
日本人による中国人従業員の方々への働きかけには、
色々課題がありそうです。
===
翌日、午前中、深センで事業をされている方の事務所を訪問。
・法律の改正で、ますます企業が不利に。解雇しにくい。
・最低賃金があがってきている。
とのことでした。
お昼は、日本人が多いエリアにあるクラウンホテルで飲茶。
131109b.JPG
飲茶を通じて仕事の話をすることも多いそうです。
午後、深センの秋葉原と呼ばれるエリアへ。
DSC_0343.jpg
部品を売っている個人商店
===
夕方、セミナー会場に向かいます。
今回のアジア出張のメインでもある「深セン和僑会」様でのセミナーです。
「仕事の教え方」というテーマで、2時間頂戴しました。
 http://www.szwakyokai.com/M_New_Info_Id.asp?113.jsp
参加者は、日本人の方々がほとんど。
1名、日本語ができる中国人の方もいらっしゃいました。
企業の方のみならず、日本人学校の先生方も参加されていました。
(深セン 日本人学校 http://www.jsszcn.com/ )
深センから遠く離れた地域からも、
わざわざご足労くださった方々もいました。
本当にありがとうございました。
セミナーは、いつもの「参加型」で、
参加者の意見を聞きながら進めていきます。
中国人の方に教える際には、
・教育レベルの差
・言葉の問題
・コミュニケーションの難しさ
・個人主義
といった苦労があるそうです。
セミナーは、普段日本企業で行っていることなので、
「当てはまらない点もあると思いますが・・・」と断って行ったのですが、
意外と当てはまる点も多かったそうです。
皆さん、熱心にご参加くださり、私自身とても楽しく、
やりがいのあるセミナーとなりました。
(和僑会の方がとってくださった議事録 
 http://www.szwakyokai.com/M_New_Info_Id02.asp?64.jsp )
===
131109a.JPG
終了後は、懇親会へ。
そこで出てきた話の一部です:
・違うところばかりでなく、共通点を見出すべき 
 日本人と似ているところもおおい
・中国人はすなお 成長に貪欲 学ぶ意欲が高い
・他者を助けるより、自分のこと 個人主義の面は多い
 ただ、チーム重視の企業は違うかも
・反日も一部のみ。特に深センは親日が多い。
 (セミナーに参加された某新聞社の記者さん曰く
  「華南だけでは中国は語れない」そうですが)
・中国人の社員が辞めなくなっている。マンション買ってやめられないとか
・今までは「辞めたら採る」でよかったが、
 今いる人をどう生かすか 今後教育が課題になってくると思う。
・中国企業でも、教育予算が年々つきはじめている
やっぱり来てみないとわからないことは多いですね。
中国、来てよかったです!
(和僑会の熨斗さん、小林さんをはじめとする皆さん、
 そして、きっかけを作って下さったOさん、ありがとうございました!)

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る