「若手社員を育てる体制づくり」記事抜粋

1.新入社員の育成に関して

●雑誌「労政時報」(2012年6月8日)の特集記事
  「若手社員を育てる体制づくり」から抜粋
・今日もっとも高い構成割合となっているのが、
  35~39歳を中心とした30代の従業員 (ひょうたん→ビア樽型)
・現代の30代は忙しくて若手の面倒をみる余裕がない
・(彼らは)先輩の人数が少なく「先輩から丁寧なOJTを受ける」という経験が
 あまりなかったのではないかと思われる。
・新人指導担当者制度をどう位置付けるか。
 「後輩指導」という任務を通じて、指導担当者自身の能力開発が
 促される側面がある。
 ○「ファミリー」「職場ぐるみ」という「1対N型OJT」が多い。
   各社の事例やシートも詳細が紹介され、参考になる。
   後輩指導による先輩指導員の能力開発という視点。
   「組織社会化における新人との相互作用」という観点でも興味深い。
   今後はこの部分をもう少し掘り下げて、見ていきたい。

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る