若手社員に気づきを与える方法

1.新入社員の育成に関して

●若手社員に気づきを与える方法
武田マネジメントシステムス代表取締役の武田哲男さんが、
日経産業新聞(2007年2月27日)で、こんな話をされています。
=============================
特に劣悪なサービスを提供する店を見つけて、若手社員に行かせる。
観察させた上で「どんなことに気づいた?」と質問する。
自分のことには無頓着でも、他人のことは割りと見えるもの。
徹底的に気づきや問題点を挙げていくと、その後はわが身を
ふり返り、自身の行動に対しても配慮できるようになる。
=============================
「悪い例」を観察させ、質問し、自身の行動をふり返らせる。
簡単にできて、しかも効果的なやり方ですね。

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る