リッツカールトンホテルの強さ

せきねまさひろぐ

2006年5月25日
昨日、人材開発会社 リコーヒューマンクリエイツさんからご招待を戴き、
同社主催のフォーラム「RHCフォーラム2006」に参加した。
基調講演は、リッツカールトン日本支社長によるものだ。
何故、リッツカールトンが、
「感動と伝説となるようなサービス」を生み出せるのか
それが、テーマだった。
私の理解では
・経営者の考え方
・自社に合う人材の採用
・様々な仕組み(評価・育成)
が、それぞれに絡み合って、リッツの強さを生み出しているようだ。
おそらく有名な「クレド」や「カード」を、
うわべだけ、真似しても上手くいかないだろう。
・自分の会社は、社会にどんな価値を提供しているのか?
この質問に真正面から向き合って、その答えを形にしていくことが、
企業には求められる。
ラーンウェルは、社会にどんな価値を提供できるのか?
基調講演の後は、分科会だ。
私は、「体験型研修」のセッションに参加した。
屋外に、ロープや丸太を設置した運動場のようなものを作り、
そこを利用した「体験型研修」を、RHCさんでは実施しているそうだ。
しかも、その研修所は、私の自宅のそば。
東松山にある。
私が実施している「新入社員導入研修」や「新入社員フォローアップ研修」に
この「野外体験型研修」を織り込んでみるのも良いかも。
色々アイデアが浮かんだフォーラムだった。
(RHCさん、ありがとうございました。)

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る