【木曜日5】利益モデル_210205

お薦めの本

○利益モデル本

『金儲けのレシピ』事業化bot(2020)

・儲かるビジネスというのは基本的に「需要に対して供給が少ない」
 状況が発生していて、超過利益が発生する。

・初期投資の多いビジネスは最悪。

・自分が良く知っていることを、ビジネスにするのが一番。

・ビジネスモデル解析において最も重要なのは、
 LTV>CAC(Cusutomer Acquisition Cost)のバランス。

・消費者に売るのではなく、消費者から買う(消費者は売るのは素人)

・客に作業をさせる(体験として)

・個の力で食べていくことができる類のビジネスは、強いプレイヤーが一人で個人商店として営業するのが、一番効率がいい。

・ネットにより、「1:n構造」を容易に作れるようになった。

・場所やサービスをメディアとして捉える。

・「損をしたくない」気持ちの方が強い。プロスペクト理論。

・無形商材を売るときのポイント:
 1)有形商材ぽくする
 2)購入後のストーリーを想像させる
 3)課題解決として提案する

・リアルで売ることの優位性は、意思決定を捻じ曲げて、儲かる商品に誘導することができること。

・安く仕入れることで、儲ける。

・他人のカネを狙う。会社のカネも他人のカネ。

・プレゼントするための商品を作る。

・客に借金をさせてモノを買わせることができるから、不動産業は高給とりになれる。

・宗教構造:教祖、教典、教会

・本当に儲かる金儲けのレシピを作って、売れ。

===

『儲かる仕組みの思考法』山崎将志(2018)

・「お前の立つところを、深く掘り下げよ!その下に泉がある」
  F.ニーチェ

・経費で落とせるなら、という人の需要を掘り起こす。

・自分たちがわからないことはやらない。
 目立たない小さな市場で確実に勝っていく。

・利益を増やすには、値上げが最も効果的。

・アドオン戦略は、基本料金を低価格にすることで、その威力を発揮。

・入ってくるお金が先、出ていくお金が後。

・300億円という市場規模は、小さすぎて大手が参入しづらい。

・実在する個人を、お互いにレビューしあうというシステムは強力。

・機械翻訳を上手に使うためにも、主語述語がはっきりした論理的な文章を話す。

・失敗は、上手くいかない方法を学べるチャンス。
 一回やってみて失敗すればすっきりする。

===

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る