「コーチングとリーダーシップ開発研究会」を開催します!

東大大学院

東大 中原先生、中原研メンバーと、英語文献の輪読会を開催します。
http://www.nakahara-lab.net/blog/2015/11/post_2512.html
今回のテーマは「コーチングとリーダーシップ開発」です。
3日間で、30本の文献を読みます(1人2本担当)。
ご興味ある方で、くるたのしい好きな方はぜひ!
(参加条件がきびしめなので、念のためご一読をお願いします。
 今回は3日連続参加。1人2本の文献担当が条件。)
(2015年11月24日 午前8時12分に、本研究会は満員御礼となりました。
 お申込み下さった皆さん、ありがとうございました。)


IMG_5962.JPG
======================================================
「コーチングとリーダーシップ開発研究会」(略称:CLD研)
======================================================
日時:2016年1月21日(木)、2月8日(月)、3月24日(木)10時~17時
場所:東京大学 本郷キャンパス 工学部2号館 9階 93B
    http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_03_j.html
人数:16名(3日連続で参加できることが前提)
参加予定(敬称略):中原、舘野、保田、斉藤、水野、関根(あと10名)
費用:無料
事務局:関根(中原研OB)斉藤(中原研M1)
問合せ先:宛先 関根 info@learn-well.com
連絡:参加者が確定した時点で、連絡用のML(FreeML)を作成。
参加条件:
1)英語文献2本を担当。
  日本語にて要約・レジュメを作成し、15分程度で報告。
  (意見交換含め、当日は一人あたり30分程度で共有)
2)要約した文献を、各自がプリントアウトし、参加者人数分を当日持参。
  後日、PDF等で共有。
3)大学院レベルのアカデミックな議論に参加し、
  多くの研究のバックグラウンドのある参加者に貢献できること
4)事務局もボランティアで行われていることを理解し場に貢献できること
5)3日連続で参加できることが前提(発表日時の指定は基本的に不可)
  申し込み後、当日欠席する場合、和訳レジュメは、MLにて提出。
===
今後の流れ:
 12月中旬 担当文献の選定と申し込み
 12月下旬 担当文献の確定
      (事務局が皆さんの希望を踏まえて、えいや!で決定)
      事務局から、文献PDFの送信
      各自で担当文献の読み込みとレジュメ作成
 1月21日、2月8日、3月24日 研究会の実施(1日10本×3日)
===
スケジュール:
2016年1月21日(木)10時~17時
2016年2月8日(月)10時~17時
2016年3月24日(木)10時~17時
===
申し込み:下記フォームから申し込み
     (先着順。定員になった段階で募集を打ち切ります)
     
 https://ws.formzu.net/fgen/S25013032/

===
文献候補:下記36本の論文から、5つを選び、
      申込フォームに番号を記入(例:1、5、14、23、34)
     12月下旬旬ごろに、各自が担当する文献2つを事務局から連絡。
    
===
●文献 全36本 
(タイトルしか無くてすみませんが、ここから希望文献5本を選び、
 お申込下さい。5本のうち、2本を割り振れるよう調整しますが、
 希望文献外でもご容赦ください。)
[01] Agarwal他(2009) 『The performance effects of coaching』
[02] Bouty(2000) 『Interpersonal and interaction influences on informal
resource exchanges between r&d researchers across organizational
boundaries』
[03] Cote他(2000) 『An integrative definition of coaching effectiveness
and expertise』
[04] Edmondson(1999) 『Psycological safety and learning behavior in work teams』
[05] Ely他(2010) 『Evaluating leadership coaching』
[06] Evers他(2006) 『A quasi-experimental study on management coaching
effectiveness』
[07] Feldman(2005) 『Executive Coaching』
[08] Gollwitzer他(1997) 『Implementation intentions and effective goal pursuit』
[09] Grant(2006) 『A personal perspective on professional coaching and
the development of coaching psychology』
[10] Gray他(2011) 『Coaching SME managers』
[11] Hagen他(2012) 『The impact of managerial coaching on learning
outcomes within the team context』
[12] Hamlin他(2007) 『Coaching at the heart of managerial effectiveness』
[13] Hamlin他(2009) 『Toward a Profession of Coaching A Definitional
Examination of Coaching, organization development, and human resource
development』
[14] Kampa-kokesch他(2001) 『Exective coaching』
[15] Kilburg(1996) 『Toward a conceptual understanding and definition
of executive coaching』
[16] Kim(2014) 『Assessing the influence of managerial coaching on
employee outcomes』
[17] Kram(1983) 『Phases of the mentor relationship』
[18] Ladegard他(2014) 『Leadership coaching, leader role-efficacy, and
trust in subordinates』
[19] Lankau他(2002) 『An investigation of personal learning in mentoring
relationships』
[20] Latham他(2012) 『Enhancing employee and organizational performance
through coaching based on mystery shopper feedback』
[21] London他(2002) 『Feedback oriantation, feedback culture, and the
longitudinal performance management process』
[22] Massenberg他(2015) 『Social support at the workplace, motivation to
transfer and training transfer』
[23] Maurer他(2008) 『How does coaching interviewees affect the validity
of a structured interview』
[24] Nahapiet(1998) 『Social capital, intellectual capital, and the
organizational advantage』
[25] Nieminen(2013) 『What does an executive coaching intervention add
beyond facilitated multisource feedback』
[26] Olivero他(2001) 『Execcutive coaching as a transfer of training tool』
[27] Quick他(2004) 『Behind the mask』
[28] Rebecca(1983) 『Evaluating the Effect of Coaching』
[29] Smith他(1977) 『A system for the behavioral assessment of athletic coaches』
[30] Smith他(1979) 『Coach effectiveness training』
[31] Solansky(2010) 『The evaluation of two key leadership development
program components』
[32] Sue-Chan他(2004) 『The relative effectiveness of external, peer,
and self-coaches』
[33] Tonidandel他(2006) 『Maximizing returns on mentoring』
[34] Warner(2012) 『E-coaching systems』
[35] Wasylyshyn(2003) 『Exective coaching』
[36] Wenson(2010) 『After-coaching leadership skills and their impact
on direct reports』
===
以上です。ご興味のある方はぜひ! 一緒に学んでいきましょう!
 https://ws.formzu.net/fgen/S25013032/

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る