「社会起業・NPO」本

小さな会社の経営本

「社会起業・NPO」本

===
『社会起業家 よい社会をつくる人たち』 町田洋次(2000)
・社会起業家が、ボランティアリーダーと違うのは、やることを狭く
 絞り込まずに、どんどん拡大し、それを実現するために関係者の
 ネットワークを作っていくこと。
・知識社会では、コミュニティーが人材を確保する。

『社会起業家に学べ!』 今一生(2008)
・田舎から人が流出するのは、誇りを持てる仕事がないから。
・行政が弱体化したということは、一般市民が社会起業の手法で、
 地域の問題に取り組めば、自治体と対等な関係で取引できる時代に
 なったことを意味する。
 政治や行政に文句ばかり言っていられる時代が去り、それらに過剰な
 期待を抱かずに自律的に自分の住む街を活性化させることで、自分
 自身の生活を自分で守る必要に迫られていることを意味する。
・起業家と出会ったことで、面白い機会や仕事がないなら、
 自分たちで作ればいいことに気付いた。
・農家は全農に流通を任せずに、自らお客さんに近づいたほうが稼げる。

『人を助ける すんごい仕組み』 西條剛央(2012)
・ツイッターに政治家が入った場合、布の端きれをもってしまった
 ようなもので、影響を受けざるを得ない。
・僕らだけですべてを完成させる必要はない。
 少しでも進めておけば、そこを出発点として、子供たちが、次の
 世代がさらに進めてくれる。強い意志は継承される。
・うまく「方法化」できたら、他の人もマネできる。
・ボランティアプロジェクトのチーム編成は、
 1)戦士や武術家(現地ボランティア)
 2)商人(会計)
 3)魔法使い(ウェブ担当)
 4)僧侶(賢者・癒し)
・「方法の原理」方法の有効性は「状況」と「目的」から規定される。
・ボランティア組織は「感謝」を忘れたときに崩壊する。
・今後の被災地行政は、有事においては、支援物資のロジスティクスを
 ヤマト運輸に任せて、自衛隊をその支配下におく体制を敷くという
 取り決めをつくってしまえばよい。

『社会を変えるを仕事にする』 駒崎弘樹(2007)
・保育や子育て支援業界は、ほとんどが子育て経験のある中年以上の
 女性で占められている。多様性がないので、イノベーションが起きない。
・公務員と話す際は「安全」「確実」「きっちり」しているかをアピール。
・ソーシャルベンチャーの武器は、明確な社会性。
 記者はそこに価値を見出す。新聞は社会の問題を明らかにし、
 解決の糸口を探るためのもの。
・事業を通じて社会問題を解決するモデルを作りだす。そのモデルを真似て
 もらったり、行政が法制化したりすることで、全国に拡散する。

『社会をよくしてお金も稼げるしくみのつくりかた』小暮真久(2012)
・政府にも企業にもキャッチできない球を拾ってプレーする、
 NPOはそんなプレーヤー。
・個々の社会人が自分の取り組む仕事が誰かの、もしくは世の中の 
 役に立っているとうい実感をもてていない。
・「ストーリー」と、それを受け手の共感にまでつなげることの重要性。
・インパクトインベストメント
 1)成果測定を行い、結果を出資者に明示する
 2)出資するのは楽しい、カッコいいというブランドとなる

『NPOという生き方』 島田恒(2005)
・日本的経営の本質は、会社が経済的機能を超えて、共同生活体としての
 機能をもっているところにある。
・寄付を得るための基本は、ミッションを明確にし、それが成果を生んで
 いるかという事実。
・NPOは市場的競争に疎いことが共通する失敗の原因。
  ミッションの形骸化や世俗化が生じる。

『NPOビジネスで起業する!』 田中尚輝(2004)
・軌道に乗り始めると、事業体に資産が生じる。ここにおいて「欲」の
 発生する土俵ができる。
 分裂の原因となるのは、お金、権威、権力、名誉という価値を大事に
 する人が出てくるから。
・NPOには3種の顧客がいる:
 1)サービス、商品の購入者
 2)サービス提供者
 3)支援者

『ゼロからはじめる社会起業』炭谷俊樹(2010)
・受け手の実態を把握しない社会貢献活動ではだめ。
・社会起業をはじめようとする人は、社会的に恵まれた立場にある人が多い。
 一方「受け手」になる人は、逆の場合が多く、お互いの接点が少ない。
・社会起業では、シェア争いをする必要がない。
・お金の使い方に経営者の個性が出る。
 うまく経営している人は、むだなお金はびた一文使わず、一方でいみのある
 価値を実現するためには、しっかりとお金を使うというメリハリがある。
・スタッフ育成においては、スタッフが迷う局面でしっかりと理念や
 ミッションに基づいた判断を示すことが重要。

『資金ゼロでも独立・開業できる本』 片岡勝(2002)
・金融機関が最も恐れるのは、顧客の剥離。つまり顧客が離れていくこと。
 逆にいえば顧客が長い付き合いをしてくれれば、手数料その他の収益が
 期待できる。
・ビジネスと行政サービスの組み合わせを考える。
・ボランティアをビジネスにする「ビジランティア」
・社会的起業は、共感ビジネス。
・サラリーマンが独立して成功するための条件:
 1)名刺を使わずに、自分のことを説明できるか?
 2)妻と毎日1時間の会話ができるか?
 3)地域の会合に一人で出向いて、きちんと自分の意見を言えるか?
・女性は起業ヒントの宝庫。
・隣の町にあって、自分の町にはない住民サービス。
===

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る