2012年冬 中原ゼミ 英語文献 「Socialization」

東大大学院

2012年冬学期の中原ゼミでは、
The Oxford Handbook of Organizational Socialization 2012
オックスフォード ハンドブック 「組織社会化」
を読んでいます。
私が今回担当したのは、Saks & Gruman (2012)
Getting Newcomers On Board: A Review of Socialization Practices
and Introduction to Socialization Resource Theory
文献を訳したレジュメはこちら↓
レジュメを見る
さし障りのない範囲で、ゼミでの議論の様子↓
・組織社会化は会社研究が中心だが、大学の初年次教育にも応用できるのでは。
 必殺ドメインずらし 
・大学には「不本意入学」の問題がある。いかに大学を好きになってもらうか。
 例)某大学では、学生が授業の一環として先輩学生にインタビューを行う
・大学では所属意識は大学よりも学部。
 例)某学部では、ツイッターでつながりを作り、学生を孤立させないようにしている。
   授業を休むと、先生が連絡を入れてくる。
・SRTの17次元は、尺度として使えそう。
 ランダムサンプリングした大学生に対する調査で使えるかも。
(ザーッと読んだ内容の紹介 ↓)
https://www.learn-well.com/blog/2012/09/the_oxford_handbook_of_organiz.html

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る