「新・コンピューターと教育」佐伯胖著

お薦めの本

「新・コンピューターと教育」佐伯胖著

(・抜粋 ○関根の独り言)
●道具
・教育制度における「文科系」と「理工系」の分離に原因
・機械音痴は、理工系にとっての常識である
 「課題を下位課題に分割する」ことができない
・対話すべき相手は、道具そのものではなく、道具のデザイナー
○道具はデザイナーの頭の中でイメージしたものが、具現化したもの。
 確か養老教授が、世の中の人工物は、人の脳がイメージしたものだから、
 私たちは「人の脳の中に住んでいる」という話をしていたな。
・便利な道具は頭を使わせない。でも、使わない頭は退化する。
 頭は使った方がいいが、頭を使わせる道具は不便でしょうがない。
○確かに!今パソコンを使っていて、特にそれを感じる。
・「人を賢くする道具」と「愚かにする道具」がある。

●基礎学力
・基礎学力とは、私たちの「文字や数の文化」の豊かさに出会う「入口」
 なのだといういうふうに考えなおしてみよう。
○18歳にアメリカに留学して、英語で授業を受け始めた時、これを感じた。
 英語「を」学ぶというより、英語「で」様々なことを学べるのが楽しかった。
 アメリカ人の考え方、今起こっていること。
 英語「を」学ぶことで、別の世界(アメリカ人の)を学べるのが楽しかった。
○6歳の長女が、教えていなくても、ひらがなを読んでいる。
 それはきっと、ひらがなで書かれている世界に興味をもっているからだろう。
 文字が読めれば、自分の知らない世界が広がる。きっとそれが楽しいのだろう。
 その楽しさを維持できるように、接していきたい。
●文化的実践への参加
・読み書きの文化的基礎性に「目覚める」のには年齢や経歴に
 何の条件もない。「ああ、文字ってこんなに大切なんだ」と自覚し、
 「こういう世界に自分も参加できる」ことがわかったとき、そのときが
 「読み書きの基礎」が獲得されるときである。
○22歳のとき、スペイン語を学ぶために、メキシコに1ヶ月間滞在したことがある。
 ボランティアで、貧しい家庭の子供達に、読み書きの支援をしに行ったことがある。
 読み書きを学ぶ子供達の嬉しそうな表情。
 日本ではあまり見たことがないものと感じてしまった。
 純粋に学ぶこと、読み書きをおぼえることで、自分たちの生活が変わっていく実感。
 貧しさから脱出する手段、生き抜くための手段としての勉強。
○31歳のとき、メルマガを始めた。
 そのときにも「文字を書くことで、別の世界(発信者側)に
 参加することができる」嬉しさを感じたな。
・学びとは、人が文化的実践に参加するための、自分らしい自己と世界との
 関係作りの模索だり、展開である。
●インターネット学習
・「ともかくデータを集めたら、こういう結果になりました」という
 「調べ学習」のオンパレードになる。
 「だから何なのだ」「なぜそうなのだ」
 「ほんとうに(つねに)そうだと言えるのか」
 「もしそうだとしたら、今のこの私はどうでなければならないのか」
 というディスカッションがあまりにも弱い。
○「調べ学習」の影響が、多くの若者の「ネットで答えを探してくる」
 傾向にも出てきているのか?
・「分かち持たれた知能」と「学習者中心主義」こそ、
 21世紀のネットワーク時代における知能観であり学習観ではないだろうか。
○新人へのOJTにも、当てはまる。
 新人が得るべき知識、技術は、職場内外に「分かち持たれている」
 ただ、新人は「誰が、何に詳しいか」最初は分からない。
 OJT担当は「誰が何に詳しいか」を教え、その方々との接点を
 コーディネートすることで、新人の成長を支援する。
●学びにつきあう
・大切なのは「答え」を与えることでなく、まず子供が疑問を抱くことに
 共感し、~子供の気持ちにつきあうということ。
・教師は子供にとって「学びにつきあってくれる人」
 子供が見ようとしている世界を「斜め後ろから見る人」
○大人である自分も、世界に興味をもつ。
 小さな子どもの親として、子供達が世界を見始めようとする場に
 いられるのはラッキーなこと。
 子供のおかげで、自分も新しい世界に再度触れることができる。

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る