ASTD2008へ、今年も家族同伴で行ってきます!

ASTD 2008 参加報告

08年5月30日(金)午前8時すぎ
男衾駅を出発。成田への直通バスがある坂戸駅へ向かう。

娘たちも上機嫌。
「電車乗って~バス乗って~飛行機乗るんでしょ」解説してくれる長女。、
「ひこうきブンブン」と両手を横に広げはしゃぐ次女。
バスで3時間。成田に到着。途中で娘たちが寝てくれたから少し楽。
成田について、お昼を食べて、両替をして、チェックイン。
5月30日午後4時のUnited Airlineで、サンフランシスコへ。
約9時間。
次女はすぐ寝たが、到着4時間ぐらい前に起きてしまった。
最後まで寝てくれたら楽だったのに。
椅子2つを使い、長女が横に寝る。
次女は椅子の下に体をのばして寝かせる。こういうことができるのは今のうちだけ。
妻と私は、両はじの椅子で何とか寝る。首が痛くなる。
5月30日(金)午前9時(現地時間)サンフランシスコ着。
入国審査で、妻の指紋とりを何回かした後、私の指紋とり。
左手の人差し指を押した後、右手の人差し指を押す。
係員に上から指を押さえつけられて指紋を取られる。
「あっちの部屋に行って」と私だけ、別室への移動を命ぜられる。
不安になるが、仕方なく部屋にいく。
(何か法律に触れることでもしていたのか?)不安がよぎる。
妻と娘たちもついてくる。
別室に入ると、アジア系(フィリピン人とのちに判明)が多い。
日本人は私だけ。
(なぜ?・・・)
不安に思っていると、別の係員に呼ばれる。
入国の目的や何度めの入国か、滞在先のホテル名などを聞かれる。
(さっきも答えたのに・・・)
「あっちで座っていて」
と指示され、妻と一緒に椅子に座る。
子供達は早速飽き始めている。
「早く行こうよー」長女
「だっこ、だっこ!」次女
こちらも嫌になっているが仕方ない。
妻も「次の飛行機、乗り遅れるかも」と不安そう。
私も不安だ。
再度、係員に呼ばれた。
「OK」
ということで、パスポート等を返却され、出られることになった。
「なぜ、私を拘束したのか?」訊いてみると、
「指紋がうまく取れなかったから」ということらしい。
「ふざけんな!」と思ったが、そのまま部屋を出て税関に向かう。
急いで、次の飛行機に乗り込み、サンディエゴにむかった。
サンディエゴ空港につき、レンタカーを借りるため、バスに乗る。
眠さが限界に来ている。
娘二人は早速寝ている。
私も眠たい。
レンタカー(ポンティアックG8 2008年モデル)を借りて、
ホテルを探しに行く。
右側通行とハイウェイの早さに最初は戸惑う。
ホテルは、サンディエゴの「Old Town」のそばにとった。
2ベッドで99ドル+Tax。いわゆるMotelだ。
娘たちは、ベッドを見て大喜び。
「飛び跳ねて遊ぼう!」といってピョンピョン飛び跳ねている。
これが楽しみだったようだ。
夜は、メキシコ料理(ブリトーやタコサラダ)を買ってきて、
ビールを飲みながら、ホテルで食べた。
疲れていたので、皆で早めに寝た。
が、娘たち二人は、夜中の12時過ぎから1時間半ぐらい起きだして
遊びだした。
眠れなくなったらしい。
長い1日が終わった。

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る