新入社員フォローアップ研修の内容

6.フォローアップ研修に関して

●新入社員フォローアップ研修の内容
【目的】
1)新入社員のモチベーション(意欲)向上を図る
2)新入社員のナレッジ(知識)共有を図る
3)新入社員のスキル(技術)向上を図る
 
【目標:研修終了時の参加者の状態】
・今までの活動を振り返ることができる。
・自分自身の今後の課題が明確になる。
・悩みや不安を解消するヒントが得られる。
・周囲との接し方をふり返り、
 今後のコミュニケーションに活かすことができる。
・上手に学んでいくために必要なスキルを再確認する。
・他の新人や先輩がどんな仕事をしているのか
 会社全体の理解が深まる。
・自分の仕事の意義を再認識できる。
・来年4月に向けての目標が明確になる。
・仕事に対するモチベーション(意欲)が高まる。
【カリキュラム】
《1日目 10時〓12時》
1.イントロダクション(導入) 
 ○研修への期待
  →参加者の緊張感をとき、研修への参加意欲を高める。
2.半年間の振り返り 
 ○事前課題の共有
 「上手くいっている点・上手くいっていない点」
 ○「困っていること・難しいと感じていること」
 (グループで模造紙に自分たちの課題を書き出させる。
  2日目の先輩との座談会で活用する。)
  →悩みや不安を吐き出させる「ガス抜き」の効果
 
 ○上手くいっていない理由は・・・「2つのモデル」
  →悩みや不安があるのは当然であるということと、
   彼らの現在地を客観的に示してあげることで、安心感を与える。
                     《1日目 昼食》
《1日目 13時〓17時》
3.4月導入研修の復習
 ○ビジネスマナーの再確認
 ○「学ぶ技術」の再確認
  ●Do ・質問と傾聴  
      ・先輩や上司を観察する
  ●Check ・振り返りの重要性 
         ・自分でモチベーションを維持する方法
  ●Act  ・優先順位づけ 
  ●PDCAとホウレンソウ
  →仕事で「上手くいっていない点」の原因は、
   新入社員の「ヒューマンスキル」の欠如による場合もある。
     
   4月の研修内容を振り返り、コミュニケーションスキル
   (意思疎通の技術)の向上を図る。
4.ビジネススキルの習得
 ○プレゼンテーションスキルの向上
 ・簡潔明瞭な説明のために・・・「サンドイッチフォーマット」
 ・論理的な話の組み立て・・・「論理思考フレームワーク」
  
 ・デリバリースキル(アイコンタクト、ジェスチャー、ポスチャー等)
 ・ミニ プレゼンテーション演習
 ○明日のプレゼンに向けて
  →新たなビジネススキルとして「プレゼンテーションスキル」
   を学習し2日目の「プレゼンテーション大会」で活用する。
                      《1日目終了》
《2日目 9時〓12時》
5.先輩社員と語ろう!
 ○自身の課題の明確化(1日目を振り返って)
  →1日目の内容を踏まえて、自身の課題を明確にし、
   先輩との話を更に有意義なものにする。
 ○先輩社員による仕事内容の説明
 ○先輩社員への質問
 (どんな質問が出たかは、別記事をご参照)
 ○先輩との座談会「壁の乗り越え方」
  →1日目の研修を通して明確になった自分の課題を
   先輩社員がどうやって乗り越えてきたのかを
   ざっくばらんに話し合う。
  →2〓4年目の先輩社員にとっても新人に話をすることで
   自身の成長が確認できる。
                  《2日目 昼食》
《2日目 13時〓17時》
6.目標の再設定
 ○2006年4月に立てた目標の確認
  →おそらく覚えていない参加者が多いため、
   目標は意識することが大切であることを強調。
 ○2007年4月に向けて目標の再設定 
  →今回の研修で学んだことを踏まえて、半年後の目標設定を行う。
 ○目標達成に向けての障害とその乗り越え方
 
 ○目標達成に向けての行動計画
7.プレゼンテーション大会!
 ○各人による「目標と行動計画」に関するプレゼンテーション
  →1日目で学んだプレゼンテーションスキルを活用し
   半年後の目標と行動計画を宣言する。
 ○参加者同士によるフィードバック
8.クロージング (結び)   
 ○2日間の研修を通して「学んだこと・気づいたこと」
                     《2日目 終了》

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る