« 新人指導は、若手がメインで、ベテランがサブ。 | メイン | 離職率を抑える取り組み »

若手社員に気づきを与える方法

●若手社員に気づきを与える方法


武田マネジメントシステムス代表取締役の武田哲男さんが、

日経産業新聞(2007年2月27日)で、こんな話をされています。


=============================

特に劣悪なサービスを提供する店を見つけて、若手社員に行かせる。

観察させた上で「どんなことに気づいた?」と質問する。


自分のことには無頓着でも、他人のことは割りと見えるもの。


徹底的に気づきや問題点を挙げていくと、その後はわが身を

ふり返り、自身の行動に対しても配慮できるようになる。

=============================


「悪い例」を観察させ、質問し、自身の行動をふり返らせる。


簡単にできて、しかも効果的なやり方ですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/567

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)