POB and Motivation

AOM 2013 参加報告

Positive Organizational Behavior for a Better World: Premise, Research, Results
2013年8月9日(金)10時45分~12時30分 @ Coronado Spring Resourt
○「POBの知見を一般に発信すべし!」というメッセージ。

(・講演内容 ○関根の独り言)
===
●Opening
・何故、研究者は、POBの領域であまり活躍していないのか?
 
・Self-Help関連のビジネス著者(S.Covey等)は、ミリオンセラーを
 出しているのに。
・自身(Self)を変えていくことで、周囲を変える。
・その際は、相手のEmotion感情に働き掛けることが重要。
●Management Excercises
・「Marshmallow Challenge」
  http://marshmallowchallenge.com/Welcome.html
・Collaboration協働、プロトタイプ作り、トライ&エラーの重要性を学べる
●POBの企業事例
・United Airline、Adidas、Harley
●Consulting & Publishing
・ASTDの調査結果
・躊躇せずに本を出すべし。
○ゲームのあたりから、続々と席を立つ人が出た。
 「I hate this…(こういうの嫌い)」といって席を立つ人も。
 研究者には、こういうスタイルは合わないのだろう。
 (何となくASTDのセッションのようだった)
 「マシュマロチャレンジ」は、研修内のゲームとして使えそう。
○POBの研究者達に「もっとPOBを一般の人向けに発信しよう!」というのが
 メッセージだった。
 この先生(Dr.Provitera @Barry Univ. in Miami)は、元々ウォール街で
 仕事をしていた人らしい。民間企業から研究の世界へ来たよう。
○ただ、研究者達にしてみると「まずは、POBを科学として確立させたい」
 という思いもあるのでは。
 中途半端に一般向けに発信すると、その他大勢のビジネス著者と
 変わらなくなるという恐れ。

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る