売上拡大を目指す?

小さな会社の経営本

弊社は売上数千万。個人事業主に毛が生えたような家族経営の会社です。
売上を拡大し、会社の規模を大きくする予定はないのですが、
自社が「すること」「しないこと」を決めるために、最近読んだ本です。

===
「年商5億円の壁のやぶり方」 坂本桂一
・会社は「商品市場」だけでなく、
 お金でお金を稼ぐ「金融市場」も使える。
・貸借対照表(B/S)の左側「資産」を大きくするような経営をする。
・先見性を身につけるには「考える」こと。
 どこにも書いていないことをひたすら考える。
===
「売上2億円の会社を10億円にする方法」 五十棲剛史
・2億円までは、1人芝居。10億円は、劇団。
・経営者にとって、最初の決断は、起業するかどうか。
  2番目の決断は、本当の会社を作るかどうか。
・売上=単価×客数 
 (まず単価を決める。次に自社に必要な客数を決める)
・企業としての成長を加速させるのは、商品の絞り込み、一点突破。
・優良な既存顧客を大切にしながら
 「筋のいい新しい顧客層」を増やしていく。
・採用の基準は「自社の理念に共感してくれるかどうか」
  次に「コミュニケーション力:こちらの意図が理解できる」
・理念から行動規範。
・中小企業のOJTは、人ではなく「仕事につける」
○LWが大事にしたいこと:「学び上手」「言行一致」「看脚下」
===
「社長が現場を離れて会社を伸ばす法」 松下智明
・3億円企業の多くは、社長そのものが商品。
・3億円企業にとって一番大事なのは、「見込客の抽出」
・コンサルティングサービスを、研修パッケージ化。納品を社員に任せた。
・マーケティングの導線を引く。
・「やりたいこと」「できること」「やるべきこと」をつないでいく。
 組織の理念、ビジョン、戦略、制度、ミッション、キャリアパス、
 個人のビジョン、個人のスキル
・お客様へのヒアリング:
 1)当初、何に悩んでいたか?
 2)何がきっかけで、商品を知ることに?
 3)購入までに、躊躇したことは?
 4)どう解消?
 5)最後の決め手になったのは?
 6)実際に使ってみてどうか?
===
「なぜこの店でテレビが2倍の値段で売れるのか?」 山口勉
・値段をとやかく言わないお客様を相手に商売。
・「薄利多売」が量販店だとすれば、「厚利長売」がヤマグチ。
・扱わない商品を決める。
===
弊社は、やはりこじんまりとやっていきます。
・少数のお客様に質の高いサービスを提供したい
・家族との時間を大事にしたい
・仕事だけでなく、地域の役にも立ちたい
その為に、会社経営のみに注力せざるを得なくなる規模拡大は追わない。
それが、弊社の「すること」「しないこと」です。

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る