「失われた20年」と日本経済-構造的原因と再生への原動力の解明

お薦めの本

「失われた20年」と日本経済-構造的原因と再生への原動力の解明
深尾 京司 著 2012

○データに基づく処方箋:答えはシンプルなのかも

===
・1991年にバブル経済が崩壊して以来、日本経済は20年以上にわたって
  停滞してきた。
・日本にとってまず必要なのは、20年にわたって続いてきた貯蓄超過問題
  を克服するために、民間の消費や設備投資を回復させること。
 消費拡大のためには、雇用拡大による家計の不確実性を減少させること
・日本の労働時間あたりの実質生産(労働生産性)は、米国の6割弱であり
 まだまだキャッチアップの余地が残されている。
 大きな生産格差が残っている事実は、日本が豊かになる大きな可能性が
  残されているということ p70
・1990年代以降、人口一人当たりの労働時間が大幅に減少
・日本は、ICT投資や無形資産投資について、他の先進国に後れをとっている
・TFP(全要素生産性)上昇を加速する上では、ICT投資を促進する政策が有効
・日本企業は、研究開発支出を行う一方、企業の経済的競争力を強化する投資
 (組織改編への支出や、労働者をオフ・ザ・ジョブ・トレーニングするため
  の支出)が特に少ない
===

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る