2010年度「ペア研修」参加者の声

研修参加者の声

2010年5月~7月
配属直後に、新人とOJT指導員が一緒に参加する「ペア研修」を実施しました。
今年はどんな声があがったのか、差し障りのない範囲で、その一部をご紹介します。

2010年度「ペア研修」参加者の声
==============================
●OJT担当者
・何よりもまず会話し続けることが大切であるということを学んだ
・話を聞いていく中で、色々と分かりあえていく楽しさを学んだ
・今まで新人さんと話すチャンスが少なかったので、本人の性格、人柄を知る上で、
 非常に有効であった。新人さんもずいぶんとリラックスしてくれた。
・指導員研修も含め、指導員には必要な研修。
・育成プランを一度作ると、今後加筆修正することで、課に新人が配属となった際の
 参考資料となるため、大変効果のある研修と感じました。
・オフィスを離れて相手の意見を聞くこと自体に意義があったと思う。
・今回の研修のように話を聞く場を、今後も適宜設けていこうと思えた。
・新人の意外な側面を発見できた。
・今回の研修で聞いた話を、今後仕事の合間に雑談ででも話せれば、
 継続した効果が得られそうだと感じた。
・新人さんのパーソナリティによって学習しやすい方法があることを学べた
・時間をとって色々と話をすると、相手と分かりあえることがでてくる
 (当たり前だが日頃なかなかできな)
・新人と指導員のコミュニケーションの場を提供してもらえるこの研修は有意義であり、
 役立つと思います。今後も続けて頂きたい。
・やはり相手を知ろうという気持ちが一番大切であるということに改めて気付かされました。
・面倒な研修だと考えていたが、有意義だった。今後も必須な研修だと感じた。
・要望、思っていたことが聞けたので、新人の性格に合わせた指導がイメージできた。
・自分の指導法を新人に伝えることができたので、指導がやりやすくなったと思う。
・自分だけでなく新人の内面を知る良い機会となりました。
==============================
●新入社員
・仕事をする上でコミュニケーションや円滑な人間関係ほど重要なことはないと感じた。
・OJTの方とこれだけ長く話せる機会もあまりなかったのでとてもよかった。
・指導員の方は、私の成長についてすごく良く考えてくれていることが分かった。
・指導員との距離が近くなった
・1年後に求められている自分像を明確にすることで、日々の業務への目的意識をより
 はっきり持つことができた。
・1年の業務の大枠が分かり、自らの目標を立てやすい
・もう一度やりたいなと思います。
・直接会って話をしないと分からないことがあるのだなと感じた。
 仕事においても、メールでやりとりするだけでは伝わらないことも出てくると思う。
 直接会って、会話をする機会を大切にしていきたい。
・今後浮上するであろう課題を先見できてためになった。
==============================
ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る