近況報告 10月~12月の出来事

活動の報告

【近況報告】
前回近況報告メールをお送りしましたのが、9月末でしたので、
その後の状況について、ブログへのリンクを中心にご報告します。

******************************************************************
●10月
・東京大学大学院 中原研究室に参加
 /blogsekine/2009/10/post_283.html
・東大での研究者向け勉強会に参加
 /blogsekine/2009/10/post_289.html
・ワークプレースラーニング2009 @ 東大 に参加
 /blogsekine/2009/10/post_291.html
●11月
・09年度「OJT指導員研修」アンケート結果分析終了
 /blogmanabi/2009/11/ojt_7.html
・人材教育フォーラム2009に参加
 /blogsekine/2009/11/post_294.html
・長女の小学校で初めての授業参観
 http://tokigawa-machi.seesaa.net/archives/200911-1.html
 
●12月
・ラーニングバー「よい仕事を考える、ことから考える」に参加
 /blogsekine/2009/12/post_303.html
・09年度「新入社員フォロー研修」参加者の声 
 /blogmanabi/2009/12/post_91.html
実は、12月は、私たち家族にとって大きな出来事がありました。
長男(7カ月)の入院です。
12月6日(日)の夜に、救急車を呼び、埼玉医科大学に入院しました。
髄膜炎との診断でした。
・血液製剤を使うかも(その際の感染症のリスク)
・後遺症が残るかも
主治医は誠実にリスクも含めて説明をしてくれるのですが、
不安ばかりが高まります。
調べるのは怖かったのですが、ウェブで病気や用語について勉強しました。
ここで詳細を書くのは、精神的にきついので避けますが、一つだけ書きます。
もしこのメールを読まれている方で、妊娠中の方や乳幼児がいらっしゃる方は
「ヒブワクチン」の接種をご検討ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Hib
http://qnet.nishinippon.co.jp/medical/news/kyushu/post_241.shtml
うちは受けていませんでした。
細菌性の髄膜炎に対しては、2週間、抗生剤が投与されます。
意識がもうろうとして、目が合わない息子を見ているのはきつかったです。
薬が効いたのと、本人の回復力もあってか、お陰様で経過は順調です。
血液製剤は使わずに済み、後遺症も無さそうです。
今週(12月21日)普通病室に移れました。
今は、妻が泊まり込みで付き添ってくれています。
なんとか年内には退院できそうです。
また元気な姿で、家に帰ってきてくれることを楽しみにしています。
12月の東京での予定を、研修以外は、すべてキャンセルさせて頂いたので、
関係者の皆様にはご迷惑とご心配をおかけしました。深くお詫び申し上げます。
年明けからは通常通り頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします。
******************************************************************
【2010年1月以降の予定】
各社様での
・新入社員フォロー研修
・OJT指導員研修
が、続きます。
大学院のゼミも、1月末まであるので、楽しみです。
(12月は、上記の事情もあり、参加できませんでした。)
年明けは、1月5日(火)から仕事を始めます。
来年もどうぞよろしくお願いします。

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る