講師として人前にたつ際の心構え

セミナー講師向けのネタ

太神楽曲芸協会会長・鏡味仙三郎氏の話に、講師として人前に立つ際の心構えと
共通するものを感じました。


===
-「ただね、芸っていうものは、練習で100%できても、舞台では30%もできない。
  だから、100%を大きく超える自信のあるものしか、舞台でお見せできないものです。
  舞台で失敗するなんて、そりゃあ、芸人失格に等しい」
-「噺(はなし)家で先代柳家小さん師匠がよく言ってたね。芸人の人間性が舞台の端はしに
  出るということです。いい加減なら、それなりだってね」
-だから、舞台に上がる前には、この言葉を思いだし、自身にプレッシャーをかける。
-「大げさにいえば、今日が最初で最後ということですよ。一期一会のお客さまに最高の芸を見せる」。
  明日があるさ、という言葉は仙三郎の辞書にはない。
 (2008/01/14, FujiSankei Business i., 20ページ)
===
講師の人間性が、端々に現れる。
参加者とは一期一会。
準備・練習が大事。
自分を戒めていきたいと思います。

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る