「新聞と学習」というテーマで勉強を始めます。

新聞と学習

「新聞と学習」というテーマで、勉強を始めます。
きっかけは、日経新聞の原科氏とのメールのやりとりでした。

===
(私が原科氏に出したメール)
実は、今回の本を書いたことと、先日のSさん、原科さんとの話から、
「自分はまだまだ新聞を活用しきれていないなー」ということに気づきました。
新聞を、私のようにただ漠然と読んでいる人間もいれば、
Sさんのように、自身の学習や成長支援ツールとして使っている人もいます。
その違いは何なのか?
・新聞を自分の糧としている人と、ただ漠然と読んでいる人との違いは?
・新聞だからこそのメリットは?
 (ウェブは、自分の興味のあることしか検索しない。
  新聞は、自分の興味の無いことも目に入ってくる。など)
・新聞を読み続けると、どういう力がつくのか?
・新聞によって、何が学べるのか?
・新聞を使うことによって、若手ビジネスパーソンのどんな能力を伸ばせるのか?
・ジグソーパズルがはまるように、新聞を読むのが楽しくなる瞬間は、いつごろ来るのか?
・新聞を、研修のフォローアップツールとして使えないか?
 (習慣化の支援ツールとして)
・新聞を使って、「学び上手」「教え上手」になるには?
今浮かんでいる疑問を、ただ列挙しましたが、
今後は、こういった点について調べていきたいと思っています。
(まずは、「先人の知恵」である本を探し、
 その後「周囲の人々」である人事教育担当者にヒアリングをしてみます。)
これからも色々と知恵をお貸しください。
(よい本があれば、また教えてください。)
08年は、「新聞と学習」をテーマの一つとし
学びを深めていきたいと考えています。
===
そこで、今後このブログを使って、「新聞と学習」というテーマに取り組んでいきます。
皆さんの知恵もお貸しください。どうぞよろしくお願いします。

投稿者:関根雅泰

コメントフォーム

CAPTCHA


ページトップに戻る