« 読者の声 | メイン | 「学ばせ上手」をつくる »

「学びの組織」へのパラダイム転換

●「学びの組織」へのパラダイム転換


NPO法人 人材育成マネジメント研究会 主催のフォーラム

「共鳴場での人材育成と現場力再生:
 “学びの組織”へのパラダイム転換」 @ 明治大学

に参加してきました。(2007年3月7日開催)


午前中は、パネルディスカッション。

午後は、分科会でした。


「個人・組織の学び方」ということで、非常に勉強になりました。


ポイントだけかいつまんでご紹介します。


===============================================

1.共鳴場とミクロマクロループによる「学びの組織」への転換

    明治大学情報科学センター所長 阪井教授


・健康な組織 = 学びの組織 = 現状変更への適応性がある

・学びの組織 = 共鳴場 + ミクロマクロループ

・共鳴場 = 異質な活動が連鎖する接点 
        ←創造性が発揮されブレークスルーが起きる。

・ミクロマクロループ = 外部に開放的・閉じている?


===============================================

2.学習学・共振・関係論的学び

   青山学院大学 佐伯教授


・教えるという意図的行為によらず、共振・共鳴によって
 「学んじゃっている」ことがある。

・出来事は、関係の網の目の中で生起する。

・「遊び」と「学び」が分離してしまっていることが、教育の不幸。

  学び = 勉強 + 遊び


===============================================

3.チームを個に生かす学習のあり方:
   チーム学習による協調自律学習の設計と開発

    NPO学習開発研究所 佛教大学 西之園教授


・学習者の「内的条件」を整えることに成功するならば、
 「外的条件」が不十分であっても、その困難を克服して主体的に学習する。

・15週間の授業の前半は、チーム学習。チームで話し合いながら進めていく。
 後半は、自律協調学習。個々人がレポート作成に向けて準備し、その作成を
 チーム員同士で支援しあう。

・チーム学習が上手くいくチームと、いかないチームがある。

・「チェック項目」を用いて、チームの状態を診断する。

===============================================

大学教授の方々の講演だけでなく、企業での事例(旭硝子やアクサ生命)や

コンサルタントの方々(シェイクの森田さん)の話もあり、非常に勉強になりました。

===============================================


「組織として、どうやって学んでいくか?」


「組織として、個人の学びをどうやって支援していくか?」


色々考えさせられる良いフォーラムでした。


ありがとうございました。


 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/226

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)