« 新刊「頭がいい人、仕事ができる人の学び方」が全国発売! | メイン | 研修企画者の声 »

「出前講義」学生に教えることで、社員に学んでもらう。


日経産業新聞の記事です。


=====================================================================

「出前講義」は“一石三鳥”――京王プラザ、第一線社員持ち回り。

  学生にPR 早期離職防止 人材育成効果も


 今年の就職戦線はバブル期並みといわれる「売り手市場」。

 有能な人材を一人でも多く獲得しようと、大学に社員を送り込み
 「出前講義」を開設する企業が出始めた。

 講義を通じ学生に自社を売り込むだけでなく、業界事情も知ってもらい
 採用後の離職防止に役立てる。

 さらに講義終了後に会社に戻った社員は、大学での経験を後進指導に生かす。

 一石三鳥の出前講義のメリットを探った。

 出前講義をこなすことで社員側も向上する。

 講師に指名されると、学生に興味を持たせる方法や仕事内容の説明の仕方に悩む。
 これがかえって、社員にとって「自分の仕事を見つめ直す好機になる」(近藤部長)。
 社内の人材育成にもつながる。

 近藤部長は「講師を務めれば自分の後輩や部下に仕事のやり方をどう説明し、
 どう育てるかを学べる」と効用を説く。


  2007/11/14, 日経産業新聞, 22ページ,

=====================================================================


人に教えることで、自分が学ぶ。

講師として、人前にたって教えるというのは、

その人自身が学ぶ大きな機会となります。

一対多に対して教える場合、一対一で教えるOJTの場面よりも、更に

内容を整理して、理路整然と伝える必要が出てきます。

そのため、深く考える力や、分かりやすく伝える力に

磨きがかかってくるのです。

社員を、講師にする。


人材育成のひとつの手法として、非常に有効なものだと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/614

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)