« 無料体験セミナー 「研修ゲームMTa KIT」品評会 | メイン | 研修内容の現場実践  »

大人数を相手に教える際の留意点

●大人数を相手にセミナーを実施する際の留意点


参加型セミナーの運営に関するご質問を頂戴しました。


「大人数(6〜7名×11グループ)に教える際の留意点を教えてください。」


【ご質問に対する私からの返信】


(前略)

大人数のとき、特に留意する点は、講師が「動き回る」ことです。


動き回る場面は、大きく3つあります。


1.個人で考える作業をやらせるとき

「〜について考えて、個人で書いてみてください」と促したあとは、

前方から後方まで、歩いて回ってください。

人数が多くなると、特に後ろの方の参加者が

「あれ、何やればいいの?」みたいな感じで、戸惑う場合が増えるからです。

そうすると、後ろの方での私語が増えてきます。


講師が近くによることで、参加者からの質問に答えやすくします。

2.グループで話し合っているとき

なるべく全体を見て回るように、歩き回ってください。

話し合いに介入する必要はありませんが、

講師が近くに来ているというだけでも、話し合いの緊張感は保たれます。

人数が多くなると、講師の目が行き届かないと、参加者が考えるためか、

どうしてもダレてきたり、関係のない話をする参加者もいます。


3.クラスで意見を共有するとき

なるべく後ろの方から、ランダムにグループを選定し、意見を引き出していってください。

前のグループから順々に聴いていくやり方をとると、後ろの方のグループが

ダレる場合があります。


以上、大人数のクラス運営の場合、基本は同じですが、特に留意する点として

講師が「動き回る」という点についてお伝えしました。


大人数のときほど、ご承知のように、声は大きく、なるべくゆっくりと話すことを

オススメします。


正直、少人数のときより、大人数のときの方が、運営は疲れます。

(声を大きめにすることと、動き回ることで。)


大変だと思いますが、頑張ってください!

○ご質問くださった方からのご返信


(前略)

「動き回り」と「奥のグループへの配慮」、

このふたつはとても参考になりました。要は、講師の意識がどこまで届いているか?
ということですよね。それは間違いなく、参加者の方にも伝わると思いますので、
凄く納得いく話でした。

意識してやっていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

(ご質問くださったSさん、ありがとうございました!)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/602

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)