« 言行一致 | メイン | 「遊び心」をキープするための「学習力」 »

企業が求める人材とは?

●企業が求める人材とは?

朝日新聞社「大学ランキング」編集長の清水建宇氏は、

企業が求める人材を、次のように表現していました。


「企業が求める人材とは、まずは他人の話したことを

 きちんと理解でき、自分の考えをはっきりと人に

 伝えられるコミュニケーション能力があること。

 
 そのうえで、社会や仕事のなかで自ら問題を見つけ、

 解決策を考えることができる力、言わば本当の意味での

 “学力”をもった人材です。」

     (朝日新聞 大学入試レポート 2007年1月3日)


理解、表現、意思疎通、

問題発見、課題設定、解決策立案、問題解決といった能力が、

本当の意味での“学力”ということのようですね。


「そのような能力を培う場こそがだ、大学なのです。

 高校までの勉強は、正解が分かっている問題を教師の

 教え通りに解くことでした。

 それに対し、問題そのものを見つけ、正解の分からない

 問題について考えるのが大学です。」


「現実社会や仕事で直面することも、答えのないこと

 ばかりです。変化の激しいこれからの時代は、

 ますます新しいことを学び、未知の問題を解決する能力が

 求められるようになるでしょう。」


“学ぶ力”がこれから益々求められるのでしょうね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/216

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)