« セミナー「新人教育をアカデミックに語ろう!会」のご案内 | メイン | 「テアトロフォーラム 人材育成の未来をactする」 »

「職場学習の探究〜企業人の成長を考える実証研究」


中原研究室メンバーと生産性出版さんとの共同プロジェクト
「職場学習の探究」が出版されました。


2010年夏頃から、質問紙の設計、分析、執筆と
2年越しのプロジェクトです。


私は、第5章

「新入社員の能力向上に資する先輩指導員のOJT行動
 〜OJT指導員ひとりでやらないOJTの提案〜」

を担当しました。


研究論文集なので、正直読みづらいと思います。

5章のテーマを一言でいうと「先輩は、新人にどんなOJTをすればよいのか?」
というものです。


調査分析結果から言えることは

・指導員が1人で指導しようとせず、周囲の協力を得ること
・指導員が新人と親しく会話すること

の2つが、新入社員の能力向上につながる効果があることが
明らかになりました。


指導員研修でもお伝えしている

「指導員は周囲の協力を得ながらOJTを進める」

いわゆる「ネットワーク型OJT」の効果が、実証される結果となりました。

(もちろん限られた調査サンプルを基にした結果ですので、
 過度の一般化には留意すべきですが)


今回の結果を踏まえて、2012年2月から新たな調査に取り組んでいます。


「職場学習の探究」プロジェクトでは、貴重な機会を作って下さった中原先生、
生産性本部の皆さま、調査に協力下さった企業の方々、そして中原研メンバーの皆さん、
どうもありがとうございました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/1002

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)