« 09年6月12日(金)日経ビジネススクール「OJT指導スキル研修」 | メイン | 「ラーニングイノベーション論 ネットワーク型OJTのすすめ」登壇 »

OJT担当者と新入社員による「ペア研修」

09年5月〜7月にかけてある企業様で「ペア研修」を
実施させて頂いています。


これは普段忙しくて、あまりコミュニケーションがとれていない
新入社員とOJT担当者のペアに対して実施しています。


新入社員から見ると、

・OJT担当者は忙しそうで話しかけづらい
・質問や相談も、時間をとってしまい、迷惑をかけそうで気おくれする
・そもそも年上にどんなネタで話しかけてよいのか分からない

OJT担当者側も

・忙しくて、新人の面倒をみる時間がない
・話すといっても、仕事のことを少しだけ
・新人が何に興味を持ち、どんな人間かもわからない

という状況が多いようです。

そこで、半日ほど「ペア研修」という形で

「相互理解」「関係構築」を促進するようなワークを行います。


・お互いの共通点を探せ!

・普段聞けないことまで深く聞く「インタビュータイム」

・SPトランプで、お互いの内面を知ろう!

・育成ゴールの到達度合いと、今後の育成プランの確認 など。

参加者の声として、

●新入社員

・OJTは自分のことを良くわかってくれていた

・OJTの方とまとまった時間話すことができて良かった

・今後自分がやるべきことが明確になった

・指導員の人間的な部分をたくさん知ることができた


●OJT担当者

・新人の性格や趣味が分かった。今後の接し方に役立つ

・普段話せない内面的な部分を垣間見ることができた

・新人の率直な意見が聞けて良かった

・二人で研修に参加するのは新鮮


といったものがあがります。

現場では

・お互い話しかけやすくなった
・距離が近くなった
・OJTがスムーズに進むようになった

という声が聞かれます。


現場のOJTをより円滑に進めるために、
本社からの支援方法の一つとして「ペア研修」は効果的だと思います。

このあたりのことは、日経ネットさんの連載でも書いていますので、
ご興味のある方は、そちらもご参照ください。

http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/jinji/rensai/sekine2.cfm?i=20090202jh000jh&p=1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/774

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)