« 「何とかせい」 | メイン | ユニーク研修(2) »

「チャレンジさせ経験積ませる」


日経産業新聞に出ていた記事です。


===

−仕事の機会を与え、新しい経験を積ませることが
 人材育成の王道であるのは万国共通。

 サンアロマーの島村秀雄副社長(60)は、昭和電工から
 外資系化学会社に移っても、やはり基本は同じだと実感している。


−「チャレンジさせ、経験を積ませることが重要だ。(中略)
  チャンスを与えたところ、大きな任務を遂行できる人材が育ってくれた」


−「部下のジョブ・ディスクリプション(職務規定)は決まっているが、
  さらに成長してもらうには個別に課題や目標をより明確に提示し、
  上司と部下が共有する必要がある。

  そのためには直接的なコミュニケーションが大切だ。」


   (2008/01/04, 日経産業新聞, 20ページ)

===


やはりビジネスパーソンにとって


・経験させてもらえるか

・機会を与えてもらえるか


というのは、成長するために重要な要素なのでしょうね。


(小樽商科大学の松尾睦准教授の著書「経験からの学習」は、

 この分野の研究として非常に勉強になります。)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/629

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)