« 「2年生が新入社員を指導」 | メイン | トヨタ 後輩指導は義務 »

フォロー研修の副読本としての「頭がいい人、仕事ができる人の学び方」

新入社員フォローアップ研修の副読本として、

拙著「頭がいい人、仕事ができる人の学び方」をお使いくださっている企業の

教育担当の方の声です。


===

先生の著書「頭がいい人、仕事ができる人の学び方」のご送付ありがとうございます。
早速、読ませて頂きました。非常に分かりやすくためになりました。

私自身、「任せる」ということができないタチなので、反省した次第です。
1年次の社員もしっかり読んでもらいたいと感じました。

研修当日配布ということですが、事前配布して理解してから先生の講義を聞いても
よいのかなとも感じたくらいです。(もちろん、先生にも意図がおありだとは思いますが。)

===

(どうもありがとうございます!)

こちらの企業様での新入社員フォローアップ研修は、

・1年間の振り返り
・先輩社員との座談会
・ビジネススキル(PDCA、ホウレンソウ)の再確認
・今後の目標設定 

という内容で、1日間で実施します。


その研修の復習用教材として、書籍「頭がいい人、仕事ができる人の学び方」を配ります。

せっかく研修を受けても、現場にいくと、忘れてしまう人が多いので、
それを防ぐひとつの手立てとして、書籍を活用します。


本は、伝えたい内容をコンパクトにまとめることができ、持ち運びも可能なので、
研修のフォローアップツールとしても有効だと思っています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/388

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)