« ノートを使って教える | メイン | 「手帳はPDCAサイクルを回すためのツール」 »

トヨタ自動車会長 張富士夫氏の言葉「チェックが最も大切」


雑誌「人材教育」07年11月号に、

トヨタ自動車 会長 張富士夫氏の対談記事が出ていました。


===

(インタビュアー)

−最後までPDCAサイクルを回しぬくための秘訣は?

(張氏)

−PDCAサイクルの中で、私は3番目のチェックが最も大切だと
 考えています。

 これはきちんと癖をつけなくてはいけない部分です〜


−チェックには2つのアプローチがありますね。

 「なぜ、失敗したか」と「なぜ、成功したか」です。

 失敗のほうは、深く反省すれば自然と考えるものですが、
 成功のほうは、チェックされないことのほうが多いのではないでしょうか。


−私は(上司の)鈴村さんに「なぜだ、なぜだ」と年中言われましたよ。

 プロジェクトがうまくいきましたと報告したとしても、
 「なぜだ」とすぐに聞き返されました。

 そこでうっかり「たまたまです」とか「運がよくて」と答えようものなら
 「馬鹿やろう!」と怒鳴られました(笑)。

(インタビュアー)

−「なぜだ」という上司からの質問が、PDCAのチェックそのものだと。


(張氏)

−成功にしても失敗にしても、しつこく本当の原因を探っていくと
 そこから見えてくるものが必ずあります。


    (「人材教育」November2007 p4〜13 一部抜粋)

===


PDCAのチェックが大事。

立ち止まって、ふり返ること。

ふり返るときには、「なぜ、成功したか/失敗したか」を考える。

真の原因が見えてくれば、その後の応用が可能になる。


弊社が、4月の新入社員向け導入研修「学び上手になる!」で、

参加者に伝えていることとも重なります。

学びリソース「自分の経験」から学ぶためにも、

PDCAのチェックは大事です。

立ち止まってふり返り、「何故」を考える習慣は、

早いうちから癖付けたいものですね。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/395

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)