« 「経験からの学習」 5月9日 @ 東大 | メイン | 営業OJT担当者研修 »

「経験からの学習」 5月9日@東大

●「経験からの学習」 5月9日 @ 東大


東京大学 中原淳准教授主催のフォーラム

「プロフェッショナルはどのようにして一人前(熟達者)になるのか?」

に参加してきました。

今回は、北海道の小樽商科大学で

「経験からの学習」を著された松尾睦准教授の講演が中心でした。


事前に本を読んでいたので、

「この先生の話を聞いてみたい!」と思って参加しました。

フォーラムの内容を、私の理解の範囲内でお伝えします。

================================

1.中原先生のイントロダクション


・成人の能力開発の70%は、「経験」を通して行われる

・残り30%が、研修等の「Formal Learning」である。

・一人前になるのが難しい時代。
 「OJTという名の放置プレイ」が行われている。

・何が人を「一人前」にさせるのか? それが本日のテーマ。


================================

2.松尾先生の講演


1)熟達

・熟達者になるには、最低10年は必要(「10年ルール」)

・熟達者になるためには、2つの学習方法がある
 (1)段階的学習 ←「よく考えられた練習」による
 (2)非段階的学習 ←日本の伝統芸能など 

2)経験学習

・経験から学べる人は、次のようなKolbのサイクルが回せる人。

 (1)自信、楽観的、好奇心旺盛 → (2)挑戦、リスクテイキング

  → (3)難易度の高い課題 → (4)フィードバック、批判にオープン

   → (5)教訓(学び) → (1)自信、楽観的、好奇心旺盛

・「経験→内省→(前向きな)教訓→活用」のサイクル

・人は挑戦的な課題から学ぶ

3)様々な業種での熟達プロセス

・「どういう経験で力がついたと思いますか?」という質問

・マネージャーが集団管理スキルの熟達者になるには、段階的学習が有効
 (例:部下の数を少しずつ増やす)

・コンサルタントが分析概念スキルの熟達者になるには、非段階的学習が有効
 (例:修羅場体験をさせる)

・中期(30歳前後)における経験がカギ

・他者(先輩・上司)よりも、自分の職務を通して学んでいる

・目標達成の信念は「短期的な業績」に結びつく。
 顧客志向の信念は「長期的な学習」に結びつく。

・自己と他者への関心のバランスが成長のカギ。

4)実践への応用:経験学習のマネジメント

================================

「経験学習を促すために、どんな工夫をしていますか?」

松尾教授のこの質問をきっかけに、様々なアイデアが

私の中にも浮かんできました。

・本人が、経験から学べるよう支援する


・そのために、先輩、上司は「(成長を促しそうな)経験」をする機会を与える

 例)難易度の高い仕事、挑戦的な課題、ストレッチ目標、一人でやらせる

・そして、相手がその「経験」に逃げずに挑戦するよう手助けすること。


・本人の成長を支援するために、他者ができることは

 成長しそうな「経験」をさせることと、

 その経験から「教訓(学び)」を導き出せるよう「ふり返り」をさせること。

・「ふり返り」の手段として有効なのが、

 本人に何かを書かせること

 質問して考えさせること。


・まずは、教える側が自分の経験を整理し

 「どういう経験を通して、自分の力がついたのか?」をふり返る必要がある。

・その経験が、そのまま相手に通じるとは限らないが、

 相手の成長を促す「経験」としての参考にはなる。

================================

3.中原先生のラップアップ(まとめ)


・個人のキャラ+外的要因(組織)=経験の質

・経験の質+経験学習能力=知識・スキル

・個人のキャラはどうしようもない。
 コントロールできるのは、外的要因と学習能力。

・職種によってどんな経験が必要かは違ってくる。


================================


今回も非常に勉強になりました。


東大でのフォーラムには、今後も定期的に参加しようと思っています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/239

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)