« 入社2日目の「仕事の学び方」研修 | メイン | 若手社員の早期退職を防ぐ取り組み »

2007年の新入社員=「デイトレーダー型」


●2007年の新入社員=「デイトレーダー型」


==============================

『生産性本部が命名、今春の新入社員、デイトレーダー型。』

今春の新入社員は入社後も転職先を物色し続ける――。

社会経済生産性本部は二十六日、二〇〇七年度の新入社員を

「デイトレーダー型」と命名し発表した。

「会社とともに育とうとは考えず、常に良い仕事を求めて転職を

 もくろむ傾向が、ネットを駆使する個人投資家の意識に近い」という。


      
             2007/03/27, 日本経済新聞 朝刊


==============================


今年も興味深い呼び方になりましたね。


ところで、おもしろいのは、新入社員自身は、自分たちがこういう風に

呼ばれていることを、あまり知らないという点です。

4社、計200名ほどの新入社員に対して、

「2007年入社の新入社員は、●●型と、言われているのですが、

 何と呼ばれているか知っている人いますか?」

という質問をしました。


各社で、1〓2名、知っている人がいれば、よいほうでした。

ということは・・・


「この中で、新聞を読んでいる人は、どのくらいいますか?」


という質問をしてみると、

やはり手を挙げるのは、1〓2名でした。


彼らは、ニュースをネットやTVで知るといっても、

それほどではないということのようです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/233

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)