« 日経ビジネススクール主催「OJT指導スキル研修」の様子 | メイン | なぜ、新卒採用にこだわるのか? »

企業が求める人材像

●企業が求める人材像


===========================

社員に求めるのは「主体性」「課題発見力」 
 
 企業680社調査「若手には不足」

人事担当者が社員に求める能力は

「実行力」(70・8%)が最も多く、
「主体性」(68・7%)、
「課題発見力」(65・8%)と続いた。


一方、29歳までの若手社員に不足していると思う能力は

「主体性」(48・2%)、
「課題発見力」(44・4%)、
「創造力」(44・2%)が上位を占めた。


          2007/03/13, 東京読売新聞 朝刊

===========================

「企業が求める即戦力とは、高度な基礎能力を備え、

 採用後すぐに伸びる力を備えている人材。

 ただ資格を持っているだけではあまり意味がない」。

労働政策研究・研修機構の岩脇千裕研究員はそう分析する。

経済同友会の教育問題委員長を務める浦野光人・ニチレイ社長も、

「必要とされるのは、自分で課題を見つける能力」と注文をつける。


        2007/03/13, 東京読売新聞 朝刊

===========================


「実行力」「主体性」「課題発見力」

「採用後に伸びる人材」

「自分で課題を見つける能力」


必要とされる人材は、


「自ら考え行動できる学び上手な人」なのかもしれませんね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/227

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)