« 逆成果主義 | メイン | お客様状態からの脱却 »

シュガー社員 ツケを払うのは会社

●シュガー社員 ツケを払うのは会社

ホワイトデーの産経新聞(2007年3月14日)に面白い記事が出ていました。

================================

『シュガー社員 ツケを払うのは会社』

「シュガー社員」 社会保険労務士 田北百樹子さんは、

過保護に育てられ自立心に乏しい社員をそう呼ぶ。

「甘い=砂糖」の意味を込めたネーミングだ。(中略)

大手企業の関係者も、“過保護社会”の影を感じ取っている。


「御社は私をどう育ててくれるのですか?」


人事コンサルタントの田代英治さんは、ここ2、3年、大手企業の

採用面接で、学生からそんな質問が続出していることに違和感を抱く。


「今まで周りから与えられ続けて、自分で道を切り開く経験が不足しているのでしょうか。

 言われるまでただ待っている受身の人は確かに増えました。」(後略)


               産経新聞 2007年3月14日

================================


皆が皆そうとは限らないでしょうが・・・

「自分をどう育ててくれるのか?」

この言葉からは、「他責」の匂いがしてきますね。


自分が成長できないのは、育ててくれない会社・上司の責任である。


そんなことないだろう・・・


と思っても、現実的に、そういうことを考えて入ってくる

新入社員もいるわけですから、嘆いていても仕方ないですね。


ちなみに、人事コンサルタントの田代さんは、私の友人でもあり

弊社の認定講師も務めて頂いています。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/576

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)