« 逆成果主義 | メイン | シュガー社員 ツケを払うのは会社 »

逆成果主義

●「逆成果主義」

一橋大学大学院商学研究科 守島基博教授が、興味深いお話をされています。


================================


働く人は成果を出すことが、生き残る唯一の道であることを

この15年でしっかりと認識してきた。(中略)


その結果、働き手の多くは、企業にも「成果」を求める。

その企業で働くことの自分にとってのメリットが何か、その結果、

どういうキャリア上の成果が手に入れられるのか。

こうした点を重視して企業選択が行われる「逆成果主義」が

働くことの前提となりつつあるのである。(中略)


ではいったい何をすればよいのか?(中略)


なかでも新しい心理的契約のもとで重要なのが、

成長機会(チャンス、仕事)の提供である。

             愛知経協 2007.1 p4〓6

================================


自分を成長させてくれる企業を、働き手が選ぶ。


企業は、成長の機会を提供する。


成長機会が提供できない企業は、選ばれなくなる。


「辞めて欲しくない」若手社員ほど、

こういう傾向が強いのでしょうね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/575

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)