« 「はびこる“無常識”社員」 | メイン | 若手社員に気づきを与える方法 »

新人指導は、若手がメインで、ベテランがサブ。

●新人指導は、若手がメインで、ベテランがサブ。

2月20日の日経産業新聞に、三世代で技能伝承の取り組みをしている

自動車用プレス金型大手の富士テクニカの事例が出ていました。

===================================

富士テクニカは、一人の若手技術者が新入社員数人を

一年間専任で指導する仕組みを約四十年前に導入した。

(若手技術者は)この一年は通常業務を離れ指導に徹する。

河崎功生産本部副本部長は「毎年技量と人格から教えるに値する

入社七―十年目の若手技術者を抜てきする。教えることも勉強のうち」と話す。

(新人である)安田さんは「顧客企業に出向いて金型取り付けの最終調整が

できるようになりたい」と夢を膨らませ、(指導担当の)芦沢さんは

「教えることで自分の技能を見直せた」と自らを振り返る。


(二人を見守る50代のベテラン)満永さんは

「芦沢さんが指導を通じて一人前になってくれるのは楽しい」と目を細める。


===================================


新入社員の指導を、1年間専任で行う20代の若手技術者。

若手技術者の指導振りを見守り、時折手を貸す50代のベテラン技術者。

40年以上続いているというこの制度。


技能伝承の一つの解決策を示しているのかもしれませんね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/566

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)