« 東海大学 教育研究所での講演内容 | メイン | 「仕事の教え方」最終ゲラがあがってきました! »

100名超に対する参加型セミナー


07年1月23日に日経ビジネススクールさんで実施したセミナー

「なぜ新入社員研修は現場に反映されないか?」にご参加された

社内講師の方から、下記ご質問を頂戴しました。


=======================================================

●ご参加者から頂戴したメール


関根雅泰様

おはようございます。

さて、昨日は大変有意義なセミナーに参加させていただき、誠に
ありがとうございました。

早速、「教え上手になる!」と「企業内人材育成入門」をアマゾン
にて手配した次第です。到着が楽しみです。


現在抱える悩みとして、昨日の参加者の方の目的にもございました
が、100名を超える参加者の場合の研修の進め方に今ひとつ自信
が持てない状況です。

私どもの場合は、先方に出向き、研修を実施するという、
所謂「社外講師」の立場となります。

しかも、通常は、講師1名で研修を実施しておりますので、
お手伝いも担当者にお願いする程度となります。

研修の進め方は、たとえば、挨拶のロープレを実施する場合、全員
で練習し、その後グループ内で練習、グループ内で代表選手を選出し、
全員の前で実習していただくような手法を取っております。

大勢の場合、往々にして遊んでしまう新人が出て来やすいので、
なるべく全員参加の実習等を取り入れてはおりますが、どのような
手法が良いのか毎年悩んでおります。

しかも、新人さん達は、自分の子供と同年齢ということもあり、まさ
に「Pedagogy」に陥りやすい状況です。

関根先生のご本を読めば、掲載されていらっしゃるというお話でした
が、何かヒントでも頂ければ幸いでございます。

朝から長々とメールをしてしまい申し訳ございませんでした。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

ますます寒さが厳しくなりますので、お身体にはくれぐれもご自愛く
ださいませ。


=======================================================

●関根からの返信


○様、

メールありがとうございます。関根です。

こちらこそ先日のセミナーではありがとうございました。


> 早速、「教え上手になる!」と「企業内人材育成入門」をアマゾン
> にて手配した次第です。到着が楽しみです。

そうですかー!ありがとうございます。


>100名を超える参加者の場合の研修の進め方に今ひとつ自信
> が持てない状況です。

そうですよね。

実際、100名以上の参加者への参加型セミナーを、
アシスタント無しでやるのは厳しいと思います。

(どうしても目が届かなくなりますからね。)

> 研修の進め方は、たとえば、挨拶のロープレを実施する場合、全員
> で練習し、その後グループ内で練習、グループ内で代表選手を選出し、
> 全員の前で実習していただくような手法を取っております。

よろしいと思いますよ。さすがですね。

> 大勢の場合、往々にして遊んでしまう新人が出て来やすいので、
> なるべく全員参加の実習等を取り入れてはおりますが、どのような
> 手法が良いのか毎年悩んでおります。

毎年の試行錯誤ですよね。お気持ちはよく分かります。


既にやっていらっしゃると思いますが、大勢の参加者がいて、
しかもアシスタントがいない場合に、
私が気をつけている点を、2点お伝えします。


1)なるべく動き回る


前にだけ立って話をするのではなく、なるべく参加者の中に入って
研修を進めます。

(後ろの方とか、横とか、色んな場所で話します。)

そうすると「講師の目が届かない」と思ってサボる参加者もいなくなりますし、
講師の一生懸命さが伝わって参加者も一生懸命参加してくれます。

(会場の中を走り回って、研修をやっているような雰囲気ですかね。)

2)参加者の中にアシスタントを作る


敬語や挨拶の練習で、○さんと同じような要領で、代表者を作り出します。

その代表者に、数名のグループでのリーダー役をお願いし、
彼らに練習方法を考えさせ運営させます。

その間、講師は休めますし、彼らのやり方を見ていると、
意外なヒントが得られたりします。


以上です。ご参考になれば幸いです。


どうもありがとうございました。


=======================================================

●ご質問くださった参加者の方からのご返信

関根先生へ

おはようございます。
お忙しい中、早々にアドバイスを賜り誠にありがとうございました。

>参加者の中にアシスタントを作る

>敬語や挨拶の練習で、代表者を作り出します。
>その代表者に、数名のグループでのリーダー役をお願いし、
>彼らに練習方法を考えさせ運営させます。
>その間、講師は休めますし、彼らのやり方を見ていると、
>意外なヒントが得られたりします。

このアドバイスは、目から鱗状態でした。

自分がその場をコントロールしなければ、という気持ちが大変強く
支配されていることに気づきました。

と同時に「子供」としての見方をしていたのだと思います。
今後は「大人」として接していかなければと改めて痛感しました。

本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。
今後も何卒宜しくご指導の程お願い申し上げます。

最近、インフルエンザや風邪が猛威を振るっておりますので、
くれぐれもお身体にはご自愛くださいませ。

=======================================================

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/562

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)