« 中堅社員向け「後輩指導研修」 | メイン | 「仕事の覚え方」発売日が決まりました! »

研修内容の現場実践


●研修内容の現場実践

新入社員の行動変容が期待できる良い研修であればあるほど、

現場配属後も、その行動が持続するような工夫が必要ですね。


「朱に染まれば赤くなる」


導入研修で、どれだけ良い事を学んでも、

そのとおりの内容が、現場では行われていないケースも多い。


その矛盾に負けず、新入社員が行動変容を持続するために

どうしたらよいのか。

研修によって、行動変容を促すきっかけを与える。

これが最初。


次に、起こした行動変容を持続させる。


そのためにも、忘れさせないこと。

そして、持続する意欲を継続させること。


ここで、現場と研修のギャップに対峙する必要がある。

マナーなんて出来ていない先輩、上司がいる中で、

自身のマナーをしっかり維持し続ける意欲。

現場の「朱」に染まらせないために、どうしたらよいのか。

考えがいのあるテーマですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/207

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)