« セミナー中に参加者から出た意見 | メイン | 【ヒューマンキャピタル2006】特別講演 「新入社員教育の盲点〓見過ごされてきた2つのポイント」 »

日経ビジネススクールで開催!「教え上手になる!OJT担当者研修」

7月24日に、日経ビジネススクールで、

「教え上手になる!OJT担当者研修」を実施してきました。


参加者は、25名ほど。

皆さんに熱心にご参加いただき、とてもやりがいがあり、

楽しいセミナーでした。


セミナーの内容は、以下の通りです。

(午前10時スタート、午後5時終了です。)


1.イントロダクション (導入)
 ○新人指導での課題 ○研修への期待 ○参加者自己紹介

2.「教え上手」とは?
 ○「教え下手」 ○「教え上手」 ○「教え上手」の共通項

3.「教え上手」の考え方
 ○新入社員と信頼関係を築いていくには? 
 ●新入社員が持つ「2つの疑問」
 ●「4つのレベル」 
 ●説明の必要性 
 ○「仕事マップ」の作成

4.「教え上手」のノウハウ (何を・どうやって)
 ●新入社員に上手に学んでもらうために ●「学び上手」のPDCA
 ●PDCAに則った指導手法「ラーニング・フォーマット」 
 ●ティーチング・コーチング・ラーニング

5.ロールプレイ  ◎新入社員役・指導担当役・オブザーバー役 

6.「教え上手」のノウハウ (誰に)  ●対人スタイル ●学習スタイル

7.クロージング (結び) ○学んだこと・気づいたこと


進め方は、「参加型」で、

・個人で考える
・グループで討議する
・クラスで共有する

・ロールプレイの準備、実行を行う
・参加者同士でコメントしあう

といった感じで進めました。


皆さん、色々な「気づき」を得てくださったようです。

(一番下の「参加者の声」をご参照ください。)

これは、今回の研修のポイントでもあるのですが、

私自身、「人と人との関係」「教える」ということに関して

「絶対の正解」がある、とは思っていません。


人それぞれ様々な考え方、やり方があり、
それを尊重したいと思っています。

(もちろん、研修ですから、「モデル」は示しますが)


また、「OJT」「部下・後輩指導」に関しては、

私たち自身が受けてきた「OJT」を、相手に行うという傾向が強く出てきます。


だからこそ、「ヒントは、私たち自身の中にある」という考え方から、

今回の研修では、特に「自身の経験を整理する」ことに力をいれました。


実際の参加者の皆さんの反応はどうだったかというと・・・

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://learn-well.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/546

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)